基礎からトゥファイブワン(251)こうやって練習してみよう

コード進行

今日はわかりやすく251を解説します。

トゥファイブワンと言ったりしますが、ジャズにはよく出てくる進行です。

 

レッスンでも2-5-1進行が課題になっているかもしれません。私自身もとても重要視しているコード進行です。

しかし、一見簡単そうだけど実行するのは難しすぎる。メジャーとマイナーの251をマスターするにはとても時間がかかりますね。

 

途中で挫折・・

私もです・・

 

251の練習で一番大切なことは?

練習をすればいつかは全キーの251は弾けるようになるでしょう。しかし、2−5−1完全マスターする前に、もっと重要なことがあります。

 

❌弾けること→聴けること→使えること

まずあれこれ言うより実践してみましょう。

しかもテンションノートなしの簡単Dm-G7-CでOK

最初にこれだけはおさえておきましょう。ジャズビギナーでも大丈夫。まずは2−5−1の仕組みです。

 

仕組み(動画と楽譜付き)

【ハ長調】

① ハ長調スケールにお団子のように3和音を重ねます。

 

② 今度は4和音で重ねます。おなじみのコードが見えてきました。

 

③ 1-2-5を2−5−1に並べ替え。そのまま弾いてみるとポジション移動が激しく安定しないので、きれいに整理して出来上がり。

 

④ ルート(根音)をつけて両手トゥファイブワン。

 

■ルート(根音)とは?

そういうことだったのか

 

【文字だけじゃわかりにくい人は、目と耳でも確認してみよう】

(映像が切れる場合、LTE4Gや5Gでご覧ください)

 

■ハ長調(C)を例に、トゥファイブワンがどのようにして作られているのかを解説しました。仕組みがわかったところで、いよいよ実践。

難しいテンションノートは使わなくて大丈夫。耳をよく澄まして響きを味わいましょう。

おぼろ月夜251「夜のBAR気分」

さて、いきなりですが【おぼろ月夜】に251を入れてみました。「本当に251が入るの?」くらいの単純な曲・・

正解はないのですが、次のブログで答え合わせをするのでみなさんも251を入れて弾いてみてください。

宿題!

 

テンションノートなしの、この形でOKです⬇️

トゥファイブを上手く弾くのも大事ですが、響きやここに入れたら曲全体がオシャレに変わるかも、というイメージを持って。いつかは自由に弾くために!

番外編【まるでBARで流れるオシャレおぼろ月夜】

日本の曲が、251を駆使したら夜のBARで流れるような洒落た曲になりました。

これは251の他に、いろんな技を使っています。ここまでしなくて大丈夫ですが、これに近い簡単アレンジを次回のブログで紹介するので、予習しておいてください。コードは全音符のベタ弾きでOK

 

バッハのメヌエットに251

さらに色々な曲で練習をしてみましょう。あの有名なバッハのメヌエット(前半)にトゥファイブワンを入れて弾くとどうなる?まるでバッハ先生は、251進行を知っていたんじゃないかな?というくらいに、たくさん入りました。

 

まずは楽譜通り(せっかちな人は24秒までスキップ)→ 2−5−1を入れたメヌエット。

番外編で2-5-6というのも入れました。→Am-D7-Em

⬇️

【おさらい】
今後はト長調になりました。ト長調の251は?
3和音を音階の上に重ねていくと251のコードが浮かんでます。メジャースケールの練習が必須なのはこのようなことから。

 

カエルの唄に251(おまけ〜哀愁カエル)

まさか全部C??251を知っていると、全部がCなんてことはあり得ません。

 

例)コツは最初から、2−5−1を入れてみることです。メロディがドだからと言って、いつでもコードがCとは限りませんね。

 

■コード練習で【哀愁漂うカエル】

251コード付け(せっかちな人は23秒から)→哀愁カエル

 

こんなふうに、トゥファイブワンを入れる練習が効果的ですね。超簡単パターンで練習しておっくと、難しすぎて敷居が高いなと思ったジャズを聞いていると、251進行が次々と聴こえてきます。

 

教則本に載っている251のおさえ方は、かっこいいのですが非常に難しいものばかりです。もちろんトライしてみるのも良いのですが、最初は「251の音を聞く」ことから始めてみましょう。

仕組みがわかったら、超簡単バージョンで練習。これですね⬇️

余裕のある人は、日本の童謡などで、251を入れる練習をしてみてください。

まとめ/ 複雑さではなく、音の心地よさ

ジャズのレッスンでは、レベルに関わらず251のお話があるかと思います。講師によっては全キーで弾いてこいという課題を出すでしょう。

私は不器用なのか頭が悪いのか、できませんでした。

それはなぜかというと、音楽のイメージが湧かないからでした。「251だけを切り取って弾く」のがとても苦手でした。

1000本ノックのように数をこなせば弾けるになると思いますが。ただひたすら同じことを反復するのが得意な人は向いてると思います。(弾けても使えなければ意味がないです)

 

音楽は心地よいフレーズやハーモニーが大事です。

ジャズスタンダードの曲のテーマを、251を意識して弾いていくうちに、自然にその進行が身につきました。もちろん私は超簡単バージョンのベタ弾きから始めました。

テンションノートなんて、余裕がなくて出来なかったし、難しいコードをおさえる事ばかり気になって、いいフレーズが浮かんでこない・・

今でこそ「Barおぼろ月夜」なんてやってますが、最初は超純粋Dm-G7-Cからスタートしました。

クラシック出身はこの簡単バージョンでもかなりきついです。大体、キーがCの場合、Dmの感覚がないですから。Ⅱmがないんです。F(Ⅳ)の感覚しか・・

それにキーという言葉や、コードネームにも違和感を持ちます(汗)

私は、普段からこういう人ばかり見てるし、ここを乗り越えることがどんなに難しい壁なのかを知っているので、ただのDm-G7-Cとしました。

もっと別のおさえ方を知っている人でも、難しいおさえ方にこだわらずに、テンポの揺れ、粋なメロディに気を配るといいと思います。

以上、私なりの251の考えと練習法紹介でした。

お問い合わせ
Erika 質問、感想など受付中です。気軽にメッセージしてください。

 

早速、答え合わせをしてみよう↓↓

https://erikapiano.com/listen-to-the-so…-of-two-five-one/

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました