「癒しのピアノ」BGMが完成しました

works

こんにちは。

 

学校が始まり、会社ではお盆休みが終わりました。休暇がなかった人もいるのかな?

さてはじまったぞ!とスイッチが入ったらまたもや緊急事態宣言で時短や休業ですね。

 

けれども【erika piano school】は開講中です。色々な立場の人がたくさんの矛盾と向き合いながら今できることを考えて行動するしかありません。

換気や消毒など万全の体制でレッスンは通常通りやっております。

 

 

今日は勝手気ままなな雑記ですが最後までよろしくお願いします。

 

いつも、いろんなことをやりながら、いろんなことを考えてます。そうしているうちにこの曲はこう弾くものだ、という呪縛のようなものが随分とあったんだなとつくづく思いました。それをとっぱらい、ようやく自然に弾けるようになり、足し算と引き算がうまくなったのかなと思えるようになりました。

あれもこれもとついいろんなものを足してしまいますが、聴いているほうはそんなものは全く期待していなかったりして。

なるべくそぎ落とし、個性を隠し、自然のままで作るのが理想です。

 

 

昔は当たり前だったものが時代と共に変化していく。

そういえばこんなことを思い出しました。

「私たちの頃は当たり前だったんだよ」

と私よりも上の世代の講師仲間から出てくるのは、「レッスン曲の音源は聴くのもではありません」とキツく先生に言われていた事実。

これは本当に本当のこと。

ショパンの曲を聞かずにどうやってショパンを学ぶんだろう・・

聴いてはダメな理由は、譜読みの力が落ちるから。聴いて学ぶことはタブーだったようです。

幸運にも私はそれを過ぎてからの時代に育ったために、たくさん聴いて育ちました。私はこの人たちとは全く正反対で、見て学ぶ、そして聴いて学ぶやり方。

ずっとそのやり方でここまで来たので、

ある一線からは「それどうやって弾いてるの?」と言われても、人に説明することが出来ません。

好きだったから。自然とそうなったから。

なんでここは小節数が半端なの?

と言われても、気づいたらそうなっていたとしか言いようがなく、生徒さんの質問にも論立てて言うことが出来ないと思います。

そのかわり、この音を使ったからこんなイメージになると言うことにしています。

この和音を使うとファンタジーになる。

垢抜ける。

ミステリーになる。

と、例をたくさん示すようにしています。頭で筋を立てるより、体で感じた方が忘れないのかなと言うのが実感です。

 

それでも習う側や教える側にキャラクターがありますから。まずは道筋を学びたい人は、理論に強い先生に習えばいいし、私のように直感的で感覚的なやり方が好きであれば、そのような人に習った方が上達するのかな。

 

ということで、これこそ直感で作りました。

余計なことをせずに自然にできたと思います。

 

 

 

マイナーなものも好きです。

 

 

今手がけているのは私としては珍しいJPOP。

普段は洋楽しか聴かないのでちょっと苦労してますが。

なので最近はいつもどんな音楽聴くの?と生徒さんや周りに聞いています。いまの高校生は、椎名林檎、スピッツ、TMネットワーク、ZARDなど、けっこう古いのも聴くらしい。

 

本当に恥ずかしんだけど「え?これ知らないの?」というのが多くて、この先生はなんでもリクエストしてって言ってる割に何も知らないんだ、ときっと思われている(笑)

そのほか大人の生徒さんからのリクエストが多い、古めのJPOPなど。

学び直しのつもりで一通りのJPOPを弾いてます。

やっているうちに、JPOPならではのコード進行の法則が見えてきました。

今度このブログで、鉄板の進行を紹介できたらと思います。

 

全て耳コピ、編曲は自分で。原曲の雰囲気を壊さぬよう、余計なことをしないように。歌詞がある曲はとても難しい。歌のままのリズムにするとダサい方向に行ってしまうし。ピアノのいい響きや音域を考えつつ、原曲がメインになるように。すっかり変えてしまうと、私のカラーが濃過ぎて違うものになってしまうし。

まあ、いつも通りに試行錯誤してます。

近日youtubeに載せるので見てくださいね。きっと懐かしい曲が出てくると思います。すごく古いのもありますよ〜

50〜70年代になると、演歌調の雰囲気が抜けない(笑)

それはそれでいいのかな。

曲はいいとしてもなんとなくピアノの音と合わないなと思ったり、選曲もなかなか楽しいです。

 

 

 

PS 「次回は崖の上のポニョ」でコードの勉強。コード練習は勉強も大切だけど、センスが鍵です。勉強ばかりじゃセンスは身につけられません。じゃあそのセンスはどうやって?

お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました