ジャズピアノ初心者練習法

ジャズ

こんにちは。

今日はとても温かった日。といっても16度くらいです☀️

コロナの規制も少し緩くなってきましたね。私のような演奏家には辛い日々なのですが、ちょっとずつ始動しはじめたようです。

ということで仲間のライブに出かけてきました。

 

 

ほぼコミックバンド?

ライブは音楽だけじゃつまらないです。

音楽あり、笑いあり、の楽しい1時間でした。

コミックバンド

スカバンドです。

 

 

皆さんの練習時間に「笑い」はありますか?

「泣き」の時間はあるけれど笑いはない・・

それ、本当に危険です。

時々こういう真面目すぎるほどの生徒さんがいます。(子供も大人も)

本来、音楽は楽しいもの。

しかも心から楽しんでこそ、豊かな時間になるし、上達するものです。

 

私はレッスンでも生徒さんと私はよく笑います。特に、私がつっかえたのがツボにハマり笑っぱなし、なんていうことはしょっちゅうです。

ゲラゲラ笑いながら、「えりか先生なんでここで間違えるの〜?」と。

弾きながら笑う。

弾きながらしゃべる。

よく考えると器用ですね。

 

真剣に弾くのも良いのですが、笑いながら弾くなんて最高じゃないですか。

 

そして、私が間違えて弾いた部分がくると、またまた思い出し笑い。

それでも崩れることなく、最後まで弾き通す。

 

一瞬ふざけてるように見える?

そうでしょうか?

でも、ふざけてるだなんて思いません。むしろ、余裕がある証拠。

今回は、教科書ナシで楽しくジャズ練習しよう!という内容です。

 

 

彼を観てください。アメリカ人は本当にジャズのノリを作るのが上手いです。(本場だから当たり前だけど)私は昔、マイクハリソンが弾いているオータムリーブスのアドリブをコピーして弾いてました。

笑ったり、歌ったり、音楽ってこうやるものなんだなと思うかもしれません。

 

 

それでですが・・今回ジャズピアノの基礎練習方法のビデオを撮ってみました。

 

超基本の部分です。

生真面目な人はまずはじめに教則本を見ながら、アドリブの弾き方を勉強しますが、大事なことはそこじゃないです。

確かにスケールや理論は必要ですが、初心者がやるべきことは「リズム」です。

 

マイクハリソンの場合、足で2、4拍を刻んでますね。ジャズはこのリズムが基本です。でも日本人はこれがなかなかできないんです。

けど、ここは我慢してリズム練習してみてくださいね。

 

今回は、2、4の裏打ちと一緒にオータムリーブスを弾いてみました。

◆色々な練習法+だめな例

1.メトロノーム裏拍でテーマを弾く(簡単に見えて実は上級レベル)

2 メロディーとルート

3メロディーとコード

4ほとんどの人がこんな弾き方

(他人のダメさをみて学ぼう)

 

かなりこういう人が多めです。これは裏拍ではなく、頭拍でかぞえてしまっています。裏拍のメトロノームはただの飾り。

 

ダサさの原因は頭拍です。マイクハリソンは1、3の頭拍では弾いていませんよね。マイクだけでなく、ジャズマンはみんな裏拍を感じています。

日本にはこういう数え方ががない・・だからとても難しいですがジャズの第一歩目はリズムを勉強することから。

それと、伴奏がやたらとうるさい。つい一生懸命弾いてしいます。それなら弾かない方がマシ。ジャズに必要なのはさじ加減です。

 

本当に必要なことは?

テーマ、ルート、コード、リズム。

これだけでめちゃカッコイイ枯葉の練習をしませんか?

リズムの感覚をつかむまでちょっと大変ですが、これが出来てくると、そう大したことをしていなくても粋になるんです。

え?こんなの弾けるよ〜っていう人はメトロノーム裏拍に合わせて弾いてみてください。100%、いつの間にか裏から頭になってると思います。

 

 

またマイクの「粋」を感じて欲しいのですが、最初の部分を聴いてください。大してすごい音を弾いているわけではないのに、今にも踊りたくなる!

そう思うとおもいます。(ここでも足で裏拍とってます)

 

私が毎回言っている裏拍の大切さが伝わったかな?まずは体で覚えて感覚をつかむことが何より大事ですね。

指が回るとか、アドリブがうまいとかそういう次元じゃなくて、ジャズ特有の【粋】ができるか?なんですね。

技術的なものでジャズが弾けるのなら、日本にジャズピアノ愛好家が山ほどいるはずです。

まずはジャズ練習はリズムから。私ももっか練習中です。

さあ、教科書を捨てて、ウキウキとリズムを取りながらジャズ練しよう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました