ジャズ初心者のアドリブはこうです

ジャズ

カフェで聴いたジャズを家で聴いたらとても退屈な音楽だった・・良く知らないとこう思ってしまいます。それにはまず、いろんなジャズスタイルを聴いてみるといいです。

ジャズにもいろんなノリがある。

例えばスイング。

ビバップ。

ハードバップ。

スムースジャズ。

ジャズファンク。

ネオソウルまで。

ジャンルはまだまだあるんだけど。とにかくたくさん聴いてお気に入りを見つけて下さい。

聴く人によって、ジャンル分けが違ってくるのもおもしろいです。

 

今日のブログ内容は「ジャズ初心者のアドリブレベルはどのくらい?」です。途中、私の恥ずかし動画や、アドリブ初心者、私の生徒が実践した動画あるので最後までお付き合い下さいね。

コリーヘンリーのファンキージャズ

 

まずは私が大好きなコリーヘンリーを紹介します。

ジャズスタンダードナンバーより【枯葉】

こんなに間近でコリーの演奏が観れるなんてうらましい限りです。

すごくファンキーでジャズジャズしてるのが苦手な私には、ストライクなピアニストです。

ジャズ喫茶で流れるよりは、ライブで観たいピアニスト。

ピアノもいいけど、オルガンも良い音です。黒人と白人の組み合わせもなかなかです。

ちなみにコリーヘンリーは音楽学校は出ていませんが、子供の頃から超天才だったらしい。

ファンキーなタイプが好きな人はプレイリストに加えて下さいね。

 

 

ジャズを始めた生徒を紹介します

楽器未経験ならば、こんなの弾いてみたいなんて思わないけど、もともとピアノが弾けるのなら、やっぱりジャズを弾いてみたいと思うものですよね。

いろんなジャズを聴いているうちに、楽譜の通りに弾くのがだんだんつまらなくなり、ジャズを弾いてみたいと夢見ていたらもうジャズを弾いていた!

そんな私の生徒を紹介します。コロナの影響で生活だけでなく、エンタメのあり方も変わりつつある世の中。音楽を聴く時間も増えました。聴くだけじゃなくジャズが弾いてみたいという人、いませんか?

ならば弾いちゃいましょう!ジャズは果てしなくむずかしいのは本当です。けれどもそれを踏まえた上、自分が無邪気に楽しむこと。

どうやったらアドリブが上手くなるんだろ・・

結局は、たくさん聴いて、たくさん弾いて、悩んで気付く。

むずかしいことを考える前に、やってみる!

彼女をみてそう思いました。

実はやってみることが一番大事。

 

その子は高校1年生なのですが、ずっとクラシックを弾いてきてて、グレード6級も合格してるしかなりの腕前です。ところが即興はしたことがなく、コードもわかりません。

家ではJUJUが歌うジャズを聴いています。

キタ〜!自分の好きなジャズを見つけるとやっぱり弾いてみたいと思うんですね。

 

右手だけのアドリブ練習から

 

この子はジャズ2年目でまだいろんなことはできませんが、果敢にもフレーズをその場で作り、弾いています。ガチガチのクラシック出身の人は、こうはいかず、どこかでフリーズしてしまいます。もうお手あげ状態・・なのでいつも感心しています。

まずは見て下さい。途中、映像乱れあり、すみません。(弾いてる姿はNGで音だけ)

【フライミートゥーザムーン】右手のアドリブ

ブログ フライミートゥーザムーン.mp4

 

どうですか?

まだまだ、ぎこちないです。でも所々、いいフレーズが出てきています。そして【半音階と、隣の音を駆使する】というルールに載って音楽を止めずに最後まで弾ききります。

コードはうまく弾けないので片方ずつの練習から。

マイナスワンに合わせる理由は、コードやベースの動きを聴くため。

何コーラスも弾いてもらうのは、小節感覚や1コーラス感覚をつけるためです。

 

アドリブ第一歩はこんなところから練習していきます。

レッスンでコツを掴み、徐々に弾けるようになっていくんですね。そしてそして・・

お恥ずかし、レッスン

私はレッスンもしてますが、レッスンを受ける身でもあります。コリーヘンリーみたいにファンキーにジャズを弾いてみたい!から。

 

私の何年か前のジャズレッスンをお見せしましょう。長いフレーズがまだまだ弾けなかった頃。(私にもこんな時代がありました笑)

jazz/オンラインレッスンの様子

頭の中に音は流れてるんだけど、なかなか鍵盤上で表すことが出来ずにもやもやしてました。その上ジャズらしさがなく、先生に○ッ○だね(笑)と言われてます。

でもレッスンではいろんな気づきがあり、ほんの小さなことから大きな変化があったり、出来ていたと思っていものが全く出来ていなかったり。最近は、アメリカの若手アーティストがどんな音楽性を持って活動しているのかを教えてもらっています。

なので、常にレッスンでは新しい動き、立ち位置、影響などを考えさせられます。

ピアニストはいつでも【変わっていくもの】と【変わらないもの】に敏感にならなくてはなりません。同じ生活をしているようで気持ちはいつでも新鮮です。

最近ではやっとアドリブのポップさが抜けたようで「いいじゃん」とも言われるようになってきました(^O^)

 

最近の自分  “活動報告”

これからも自分に疑問を投げかけ、続いていくんだろうなぁと思います。近頃、アジア、ロシアなど外国人からメッセージが来ることもあり、その中には your story, world, movieなどの単語が並んでいて(like a movieだったような・・ツイッターやyoutubeを見てくれた人)

英語なのでなんとなくしかわからないのですが、とにかく”あなたのミュージックはストーリーだ”という主旨のメッセージをもらうのでとても嬉しく思います。(ルー大柴笑)

 

最近は録音の要領やユーチューブの仕組みもわかってきたので、もう一つチャンネルを立ち上げる準備をしています。フリーのピアノBGMチャンネル。

すでに素材は結構そろってます。面白いチャンネルになりそうな予感。

調べてみると日本人だけでものすごい数のBGMユーチューバー達・・この中に入れるのか。

そんなことよりとにかく楽しく作れたらなと思っています!最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました