ジャズを弾く【とても大事なリズムの話】

ジャズ

 

今回はジャズを弾く時のリズムのお話です。洋楽を演奏するにはカッコよく「リズム」を取りながら演奏する必要があります。

何より邦楽とちがうのは「リズム」

 

ジャズピアノ を習っている人の多くはつまづく。ジャズの独特なスウィングはアジア人にはとても取りにくいリズムです。

 

とにかくジャズピアノを弾くのに大事なのは「リズム」

ジャズといってもすごく幅が広いです。モダンジャズ、ニューオーリンズジャズ、ネオソウル、ジャズファンクなど。

今回はジャズファンクのリズムの話をしていきます。

リズム音痴の人は一緒に練習してみましょう。

ジャズファンクで2・4拍(裏拍)をとらえる

 

本当に大事な裏拍。ジャズを弾く時欠かせません。今日は私の練習法を紹介しますね。初心者の方でも練習出来ます。

手拍子のみ。

まずは実践してみてください。

このファンクの曲に2・4拍の部分を手で打つ練習をしてみましょう。

ジャズファンクは1・2・3・4と数えてないんです。数えてるのですが詳しく言うと2・4拍目の裏を強く感じています。

 

ただし洋楽でもディスコスタイルなどは別かもしれません。

1・2・3・4と数えるのは日本人にとってすごくラク。だけど2・4の裏拍でとらえるとなると途端にズレる。ひどい時はいつの間にか1・3の頭拍に合ってしまう、よくあります。

 

私の個人的な思いですがジャズのアドリブをうまく弾くよりもリズムをよく捉えた方が10倍かっこいい。

その反対も言えます。どんなにアドリブがうまくてもリズムがおかしいとカッコ悪くなるのです。レッスンでも毎回その話をしています。

でもリズム音痴が・・

ここは辛抱してリズムれんしゅうを日頃のメニューにプラスしてください。

 

鍵盤練習は時間をかけると目に見えて上達が実感できますが、リズムは自分がどんなふうにとらえているのかわかったようなわからないような・・

 

なので今練習しているジャズのテーマを2・4の裏でクリック音を鳴らして練習するのが一番。

これは決して簡単ではないけれど、すごく大切です。

ひたすらメトロノームだけだとモチベーションが下がるのでたまにはマイナスワンもいいのかと。

マイナスワン(練習用音楽)

ジャズを練習中の人は

メトロノームの2・4拍だけのクリック音でジャズのテーマを弾いてみるのはオススメの練習法です。

そしてテーマとコードを弾けるように。

 

なぜクリック音だけかというとマイナスワンでは自分の音がかき消されてしまうため、なんとなく出来た感じがするからです。

練習中、知らない間に1・3拍目に合ってしまっていたら要注意です。(でも初めはみんなそうなります)

それにも気づかない場合は結構重症、、

 

リズム音痴ということは?

スポーツでたとえると体幹が弱いのと同じ。そのスポーツによって鍛える部位が違うと思ういますが。

 

パッと見はわからないけどとても大事なことですね。目的に合ったトレーニング法で弱い部分を強くするのと同じようにジャズなど洋楽を弾く時に強化したいのはリズム。

 

リズム音痴を自覚している人は、この裏拍で数えるのは少々大変かも知れません。ふだん音楽を聴く時は「ここが裏」というのを意識して聴いてください。

 

もしかしたらすでにアドリブを弾けてる人でもこのリズム練習はキツいかも・・

そもそも私たち日本人は弱い部分なのです。

ぜひ日頃の練習の中にリズム練習をプラスしてみてください。

私もけっこう練習しています。

「ジャズファンク練習」の様子

最後までありがとうございました。

ご意見や感想をお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました