ジャズを弾く時の悪習慣とは?

ジャズ

ジャズは楽譜を見て弾かない

ジャズピアノを弾きたいと思う人はこの習慣をやめよう。

それは「楽譜を見て弾くこと」

 

この際「楽譜を譜面たてに置かない」と決めてもいい。

もちろんテーマを覚えてからの話だけど、いつものクセで弾けているのに譜面を見るのはNGです。

 

ハノンさえもずっと見ながら弾いている人は、今日から楽譜を見ないで挑戦してください。暗譜をしようとするとついチラッと見てしまう。覚えていない・・すぐに忘れてしまう。いかに表面的に弾いていたということがわかるでしょう。

簡単な曲でも暗譜で仕上げるのはとても難しいことですから。

クラシックをずっと弾いていると楽譜があるのが当たり前。でもジャズは無いのが当たり前。

 

ジャズはテーマを確実に弾く

ジャズのコードやアドリブはしっかりと体に馴染んでこそ。

テーマを覚えてしまったら楽譜を譜面台に置かない。

ジャズは楽譜を頼りに弾くものではなく、コードの響きと共にそこにフィットするフレーズやアウトするフレーズを自分で考えて弾く。

 

コードの中で遊べるフレーズを考えて弾く連続です。フレーズ集も売ってますが私はあまりオススメしません。

 

理由は体感の積み重ねが最も大切だから。

コードの音と馴染んでるのか?変なのか?

初めはいいのか悪いのかよくわかりません。先生のアドバイスをよく聴き自分のアドリブとどこが違うのか分析してみましょう。

初心者でもなんとかコード内で遊べるフレーズを自分なりに考えてみることと、体感することがとにかく重要。

 

それとやっぱり定期的にレッスンを受けて先生のお手本を参考にしたほうが良いです。その人が今持っている実力に合わせて選曲してくれたり課題を出してくれると思います。

 

独学だと自分の現在地がイマイチよくわからない。小さなことで悩み前に進めなかったり、重要なことをとスルーしてしまったり、自分に見合わない練習書を購入したり、無駄なお金や時間を費やしたりすることもあります。

少しずつ課題をこなしていきながら上達を実感できる。独学ではなかなかそうはいきません。

話がすこし脱線してしまいました。

暗譜をするのは大変だし苦手・・という方はこちらをみてね。

 

【ワンポイントアドバイスレッスン】

楽譜が要らないコードパターンを使ってアドリブ練習をしてみる。ブルース進行や1625進行などの簡単なパターンでOKです。その時は必ずコードの中の音を使ってくださいね。

 

いつもみなさんにお話ししてるのですが私自身、ひととおり弾けるようになるまでとても苦労しました。まわりを見てもみんなそうです。特にコードのおさえ方、ベース進行。1冊の本が書けるくらいに話題がつきません・・(笑)

あきらめず一緒に頑張りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました