感覚でジャズを弾くということ

ジャズ

何かを学ぶ時に、感覚的に学ぶ人と、ロジックを用いて学ぶ人がいます。どちらが有利という話ではないのですが、特にジャズを弾く人を見て思うのは「なんでこんなことが出来るのだろう」

そんな印象を受けることはないでしょうか?

「DNAがいい」「育った環境」「よく教育されたのか」

それとも彼らはジャズ仕様の身体でこの世に生まれたのでしょうか?私にもよくわかりません。

彼らの頭の構造やパフォーマンスを数値化したり、メジャーで図ることは出来ませんのであくまで想像と私の経験から「感覚的にジャズを弾く人」についてのお話をしたいと思います。

そして彼らには、特別なスイッチがあると勝手に予測してみました。

ということで今回はジャズプレイヤーにみられる「感覚でジャズを弾いている人」についてさっそく考察。

自分もそんなセンスがあったらな、と思う人は参考にしてください。

インプットがあってこその感覚技術

いくらなんでもゼロベース思考でジャズをするには無理があります。すでに出来ている人に焦点を当てても彼ら自身、出来なかったことすら忘れてると思うので、ジャズ初級の人で、なんとなく感覚がいい人に焦点を当てて考えてみます。

感覚でとらえるタイプの人は、たとえ私が「そこ、ゴチャゴチャっと途中でブルーノートひっかけて弾いて」つまり「オノマトペ」で説明しても「あ、こんな感じですか?」と言って悩むことなく弾き始めます。

対して同じことをロジック思考の人に言ってもなんのことやら?と固まってしまいます。

この時、感覚でとらえる派の頭の中で、一体何が起きているのでしょうか。

このような人たちは、私の「ゴチャゴチャっ」という言葉はすぐに16分音符と置きかえられ、ブルーノートは自身のファイルから引き出されます。

どういうことか、と言うと

すでに知識がある上での演奏だということ

そして彼らの特徴は、「いい感じ」「なんかこの音カッコ悪いな」とそれはロジックではなく自分がどう感じたのか、ということがすべてです。

ロジック派の人は、私のゴチャっとした・・のゴチャって何の事?と意味を求めます。別にそれが悪いわけではありません。むしろこの先生、伝え方下手だよね?とさえ思ってることでしょう。

ロジック派は何かの理屈がとおっていないと先に進まない、なんらかの法則を使って思考するという特徴があります。

音楽を感覚でとらえる人のいい点

感覚タイプの彼らは自分の演奏を主観的にとらえます。と同時に客観的にとらえることも出来てとてもフレキシブルであります。

自分の演奏のまずい部分は、イケてる演奏を聴いたり観たりして、「修正することが出来る」または「修正しようとする」

冒頭で話した、特別なスイッチというのは、この修正機能なのでは?と考えています。

スイッチONすると、いろいろな力が働き始めます。

聴覚 技術 理論 記憶

こんな感じで感覚的に演奏する人は、自分のまずい演奏をカッコイイものに修正するスイッチが高速で働き始めるということでしょうか。

そして何より自分が主役。

今先生の言ったことってなんだったんだろう。。と考えることがありません。「今弾いたのはすごくいいぞ」と、とにかく自分の感覚を信じて演奏します。

感覚で弾く人の可哀想な点

よしOK、なんかいい感じ、変な感じ。。と言葉で明確化が出来ないので言葉足らずと思われる可能性があります。しまいにジャズのことをわかって弾いてるんだろうか、とさえも思われてしまいます。

耳感覚派

耳感覚という言葉があるのでしょうか? 検索すると、耳の病気関係の内容が出てきますが。

「耳感覚で弾く」 この言い回しは私がつくりましたが、他に言ってる人がいるかな?

ここからは私のバックボーンをおり混ぜてのお話です。私は耳で聴き分けて、メロディーやコードを弾いています。総合的になんとなくこんな感じ、という感覚よりもこう聴こえたからこの音で弾く、といった「耳感覚」で弾くことが大半です。

目で音符を確認する作業よりも、耳のほうがスピーディーだし、こっちの方が断然いい感じで奏でることが出来ます。これは主観的な考えなので、私の音楽を他人が聴いたらそれはちょっと・・となるかも知れません。

けれど、私は自分の耳を信頼しています。

もちろんこの耳感覚は、生まれ持っての力なのか?積み重ねなのか?定かではありませんが、譜面がうまく読めないころから「耳で聴く力」を使って弾いてきた、というのがしっくりくるかなと思います。(ちなみに絶対音感は持ってません)

積み重ねたのものが、やがて自分のやり方になったという感じでいます。

積み重ねの第一歩めは何?

いきなり音楽力が突き抜けている人はいませんから。

では積み重ねのスタートは何なのか?

小さな頃の記憶をたどってみると、コードなら1・4・5。メロディはメリーさんの羊、いろいろな調に転調。耳の訓練はこんなところから始まったと思います。「弾く」という作業よりも「聴く」という作業が圧倒的に多かったような気がします。

これは音楽のことを学びたてのなにも知らない人にとっては、けっこうなボリュームです。キーはCだけではないので、音符が読めなければ耳で聴いていろんな調を弾くしかありません。

私はすでに物心ついたあたりから「聴きながら弾く」という動物的な感覚を手に入れています。もちろん人それぞれなので、違う手法で学んできた人もいるでしょう。

傾向としては、文字が読めない子供は聴いて覚えるという手法でピアノを弾くことが多いです。

子供と大人 学び方の違い

ある程度、ものごとがわかる年齢、例えば中学生〜大人までで例えると。言葉や数字の意味がわかり、時間の感覚もわかります。

大人は理解力から手先につなげていくことが多く、違っていたら直すという注意力もあります。疑問に思ったら突き詰めることも出来るし、先生に質問することも出来る。時間感覚もあるので、ここまで達成するにはこのくらいの時間が必要だとイメージもできる。

といろいろ思考できるのが大人の特徴です。

反対に小さな子供に、ドから数えて5番目の音は何ですか?と言っても何番目の意味がわからないし、フラットとシャープは音符の左側につけますよと言っても、左右がピンとこない。

高い音、低い音と言っても平面の鍵盤から高低がイメージできない。

なので小さな子供のレッスンでは、高音はことりさん。低音はゾウさん。小さな音は、ないしょの話。大きな音はカミナリさん。など子供がイメージしやすい言葉で誘導します。

子供は直感的で想像的、大人は思考的に音楽を学ぶというスタイル。

男の子にみられがちですが数字を当てはめ、固定化して学ぶ子。そんなタイプはコードを覚えるのが得意です。数学の公式と一緒で、一つ与えておくと勝手にそこから答えを導いて覚えていきます。

自分感覚を信頼すること

私の場合は、基本楽しけりゃOKというほうだし、感触がつかめたらどんどん前に進めるタイプです。特に耳感覚をたよりに音を探しあてるといった感じです。

ロジック派の人は、こんな曖昧な感覚は信じられないと思いますが。

音の色合い、間合い、渋み、ダーク感、クール感など、肌で感じるのが先決。それはとても直感的なもので仮に、説明してみてよと言われてもうまく言葉で表すことが出来ません。

みなさんはロジック派?感覚派?それとも耳感覚派?

どれにしてもやはり

結論は、感覚でやってしまう人は「積み重ねた知識があるから出来る」という考えにたどり着きました。

「感覚を数値で図ることができない」からこそ、自分が奏でる音楽を信頼しなきゃならないし、その日その日の価値観で音楽をいいなと思える自分でいられるのが、今ところ、私にはちょうど良いです。

そして何より大切なのは自分の音楽に対して「その気になる」ということだと思います。

タイトルとURLをコピーしました