基礎からじっくり「オンラインワンポイントレッスン」

ピアノ講師のえりかです。

ジャズピアノを今日からやってみたいと思ってくれる人が見てくれたら嬉しいです。「右手だけでかっこいいジャズピアノ 」演奏動画もあります。レッドガーランド風のバットノットフォーミー。

今回は「基礎からじっくり、ワンポイントレッスン」です。

左手のコードはもちろん大事ですが、右手を練習する時、どんなことに気をつけて弾くと良いのか?今回はアドリブを弾く前に、メロディーフェイクという原型をあまり崩さないやり方で練習する方法です。

メロディーフェイクの練習法や、なぜフェイクから始めるのが良いのか?を私なりに考えてみました。

バットノットフォーミー ジョージガーシュウィン

あまりにも有名な曲、

ジョージガーシュウィンバットノットフォーミー」 Key=E♭

元々はミュージカルの曲でした。

 

アニタオデイが歌っています。聴かせるぞ的な歌でなく、ストレートな感じが個人的に好みです。

 

レッドガーランドのピアノはおもしろいようにコロコロと響く。

 

テーマの弾き方には正解がありません。そのまま弾いてもOKだし初めから少し変えてもいいです。クラシックとは少し違う部分ですね。

クラシックの楽譜に慣れている人にとってはちょっと不思議に思うかもしれないけど、テーマとコードだけの譜面です。

ジャズの基本はテーマとコードです。ジャズはすごく自由にやっているように思うかもしれないけど、テーマとコード進行をもとに演奏しています。

なかなか覚えられないという人も、暗譜するつもりでテーマ練習をしてください。

メロディーフェイク

メロディーの原型がわかる程度のフレーズに変えること。アドリブの練習をする前に、メロディをフェイクする練習をする。実はメロディーラインをいじる他、メロディーラインにあるリズムをフェイクをしていることも多く

  • 休符ボキャブラリー
  • 3連ぷ
  • 弾かないで空間を作る。

アーティストがどんなメロディーやリズムフェイクをしているのか色々聴いてみるのが効果的です。スケール、跳躍、リズムの変化、複雑なこともしていますが、意外とダイアトニックスケールの中で動くシンプルなものだったりします。

慣れてきたら出来る範囲でいくつかフレーズを作ってみると良いです。

 

ピアノソロで練習するときは、メロディー、ハーモニー、ベースとかなり忙しいです。

ともかく基本練習スタイルは

右手メロディー

左手コード

ベースを弾くならルート音

こんなことをしながら、少しずつメロディーフェイクをしてください。

 

ところでテーマの弾き方って意外とむずかしいと思いませんか?

それにはちゃんと理由があります。それはジャズ独特のメロディーラインのなかに跳躍したりニュアンスがあるから。

これは譜面上にことをきちんと弾いたとしても絶対に微妙なニュアンスは出せない。なのでいろいろなアーティストの演奏を聴いて研究してください。

そしてリズムにも注目。特に8部音符の弾き方をよく聴いてみると、ちょいハネやイーブン(ハネなし)、シャッフル(3連ぷ系)だったり、アーティストによって微妙に弾き方が違います。

右手だけでジャズフィーリングを出す

ジャズを始めたばかりの頃は、アドリブが全く思いつかずに練習がそこでストップ。または、適当に焦りまくって時間だけが過ぎてしまう。とか・・

結局はたくさん弾いて慣れるしかないけれど、「メロディーフェイク」という考えで弾くと気が楽じゃないですか。

ここからスケールの話になります。

あのジャズ先人たちが作ってくれたスケールを全部弾けたとして。

そしてジャズの先輩たちはこう言います。このコードにはこのスケールが合う。

それでピンときたならすでに上級者の領域です。こなければ中級以下。初級者においては何を言っているのか分かりません。でもそれが当たり前なのでご心配なく。普通のことです。

私はただスケールを練習するのはちょっと違うと思っていて、初心者がスケールからアドリブっぽいフレーズを生み出せるのかというとほぼ無いです。というかスケールを学ぶ時期がだいぶズレています。

なのでまずはフレーズが感じられる、そして歌心が感じられるメロディーフェイクからというのが私の考えです。

 

ここから私の練習法の話です。

ハービーハンコックがこんな音を出してた、とピアノの前に座って何時間も弾いてみる。オスカーピーターソンがブルースを弾いたらこんな感じかな。と、超適当です。

あるいは音源から聴こえた通りになぞって弾いてみる。

そして今風にネオソウルにしてリズムを作ってみようか。(ネオは昔からあるね)

紙と鉛筆があれば何時間でもお絵かきしてられる子供のように、適当なんだけどオリジナルのストーリーを描いたり、漫画の主人公になってみたり悪者になったり。

私にはジャズを学ぶ才能やかっこいいアドリブを弾くセンスは無いけど、間違いなくピアノで遊ぶ天才じゃないかと。

これがよくやる私の超適当なピアノあそび。本人は練習と思ってない。

けど最も幸せな時間です。

 

タモリさんもやっていたチックコリア風。さすが芸達者です。

元々器用な方ですからね。それにしてもチックコリアになってる。

速いテンポのジャズだって怖くない

シンプルでかっこいいリズムフェイクをいくつかストックしておくこと。

私自身、速いテンポはすごく苦手だったけど、弾いてみるとスリリングだった!

速いテンポだから速いフレーズを弾かなきゃと焦るのですが、その必要はなくて弾かないでいることが逆にカッコよかったりします。

実はこの「動かさない」というのがけっこうむずかしい。なぜか余計なフレーズを意味もなく弾いてしまうという罠にハマってしまいます。なのではじめのうちに、スペースを作る練習をしておきましょう。

 速いテンポの【バットノットフォーミー】

But not for me(速いテンポでも弾ける!)mov

練習のポイントは

  • 同じフレーズでOK
  • 粋な装飾音
  • スペース
  • 焦らない

レッドガーランドのフレーズを拝借しました。完コピは初心者には難かしい。だからほんの3秒のフレーズや2小節のフレーズをコピーして(多少違ってもok)自分のフレーズに馴染ませる練習がおすすめです。最初は長音階や短音階(この言い方だとクラシック出身の人でもわかりやすいね)だけでとりあえずOKです。

おわりに・ジャズピアノ を始めたばかりの人へ

 

 

アドリブができない・・練習の仕方がわからない。

やってみたけど変になって結局毎回「落とし前をつけてやる」と気合が入ったわりに実になっていない人はいませんか?

そんな人は、歌えるメロディーフェイクから練習してみてください。

ジャズは会話だから。スケール覚えてなんぼだから。

と言われて、そうか。と思い必死でスケール練習してる思いますが、それは中級者以上の人に伝わる話です。

これを真に受けるとジャズピアノ 初心者がスケールを一生懸命弾いてますよ、と言わんばかり。それは聴くに絶えない域を超え、同情に似たような気持ちが湧き出てきます。

だからよっぽどスケールを学ぶより先に、歌心たっぷりのフレーズを考えた方がいい。

私は技術も歌心も自由にあやつれるピアニストとは程遠いし、勘違いもはなはだしいので、なんとか心に残るフレーズを作れるように練習中です。

 

ジャズピアノ は習得期間がとても長いかもしれません。でもその期間、良い音楽や気の合う仲間に出会うこともあるので気長に頑張りましょう。

むずかしいフレーズは今のところ練習する必要はありませんが、弾いていて心地よいものをたくさんストックすることをオススメします。

  • テーマ練習
  • メロディーフェイク
  • リズムフェイク
  • 決まったフレーズを弾く
  • テンポキープ

いいアドリブが出来ない・・私も目下、練習中。練習で煮詰まったら「時々、逃げる」私がここまで続けられたのは、不定期で難かしいことから逃げたから・・笑

アドリブがうまいことできない・・実は今も逃避しながらさまよってます。

でもなぜだかアウトプットしたくなる、の繰り返しです。ジャズは勉強する部分もすごく多いのですが。それは本当にそう思います。

でも納得いかないのがただ一つ。もっとこれをした方がいい。みんな全く足りてない。

それは

ピアノで遊ぶこと

思わぬ発見の連続で楽しいよ。これが私の中での、最高の解決策なんだけどな。

ほぼ遊び感覚で自分の演奏動画を撮って、今の自分の力で何が出来るかなと、足るを知ることで何かが見えてきます。今は下手くそですが来年あたりからもっと良くなる予定です。

スケールが弾けない、暗譜ができない、アドリブが出来ないと、こぞって練習するけど。

ちょうど体を作るのと同じで、負荷をかけたら休ませる。というのと同じ原理だと思います。練習したらジャズごっこで遊んでみるのが一番。

ジャズをはじめ、音楽の初歩的なこと、グレードのことなど質問大歓迎です。そもそもジャズを始めたばかりの初心者さん向けのブログですから。以上ワンポイントオンラインレッスンでした。

タイトルとURLをコピーしました