耳コピで100%使えるフレーズをとる

ジャズ

先日、ブルースのこんな動画を見つけました。

ベタベタなピアノブルース。

耳コピに向いてる!

先生から耳コピするといいよ、と言われていると思いますが、ジャズを始めたばかりの人はむずかしいですね。

それでもアドリブをうまく弾くのに打って付けの手法なんです。

  • 曲探し(事前調査)
  • リスニング力
  • 分析力、アレンジ力

これを自分でするんですから。

これがフレーズ集をそのまま弾くのであれば、そこまで深くなりません。体験としては譜読みだけ。それで終わっちゃいますよね。

やっぱり「自分でやる」というのが最強です。ジャズレッスンを受けている人は、自分で採譜したものを先生に見てもらうとさらにオシャレな弾き方を教えてくれると思います。

それにコピーは一部分だけでもOK。楽譜が書ける人は書き留めておくと良いですね。

録音アプリを使えば聞き取れる

音楽が速すぎて聞き取れない人は、再生速度を落として聴くといいです。録音アプリを使えば一部分だけ何度もリピート出来て速度も変えれます。

すごいですね。なので今の時代、出来ないことなんてないんです。

ここで小さなことでも行動する人はどんどん進むし、何もしない人はそれまで。だからその差は歴然です。とにかくインプットとアウトプットを交互にしてくださいね。

毎度私のレッスンでも言ってるし、ブログでも伝えてるのですが自由にアドリブへの「近道はナシ」

遠回りは近道。(えっどう言うこと?)矛盾してますね。回り道をして積み重ねるのが1番の近道ということです。

 

それでも、悩みどころは、どこまで音源に忠実にコピーすればいいのか?今の自分のレベルではどんな曲をコピーすればいいのか?それをどう生かせばいいのか?この辺りはレッスン受けている人は先生に聞いてくださいね。

もちろん先生はコピー自体をしてはくれません(笑)これは相手に面倒なことを代行させることになるので。何よりご自身のためにならないから。

それでも文字だけのブログでは伝えにくいので、なんとなくこんな感じというのを実際に耳コピして演奏してみました。

キーはC。ありがちな曲だし「簡単、このくらい弾ける〜」とみんなこの辺を飛ばして次に行ってしまうけどとっても大事なことだから絶対に端折ってはダメですよ。

メジャーなアドリブ奏法は目をつぶっていても、喋っていても弾けるくらいに。

聴き取ったフレーズは100%自分のものにする

私はこれを聴き取るのに1時間かかりました。たったの一部分なのに。なので普通の人だともっとかかります。耳コピは面倒で手間がかかる作業。しかしこの手間は自分のためだと思って、がんばりましょう!!

 

コピー曲はこれ、ベタベタなブルース。

 

 

どうしても聞き取れない部分は音を伸ばすだけにしたり、別の音にしたり。

渋めのスローテンポでジャズオルガンの音にしました。気に入ったフレーズやリズム、音の組み合わせは自分で自由にアレンジして自分のものにしてみましょう。

(詳細はまたのブログで)

 

ジャズフロムノース「ブルースデモ演奏」

 

楽譜が書ける人は、書いて残した方がいいかも知れないですね。

 

耳コピをいつもの練習メニューにプラス

一つ一つは些細なことかも知れないけど、これを無限に繰り返すことができるのか?たとえその小さな一つに意味なんかあるのかな?と思っても・・

でも出来ないことを出来るようにするというのは、こういうことなのかなと思います。

積み上げることって、誰にでも出来そうで実はそう簡単にはうまくいかない。世の中を見てると挫折組がなんと多いことか・・

イチローさんを思い出してください。練習の後、道具を必ず磨く。手入れしたグローブは体を通して記憶に残る、というようなことをいつだかの試合後に言ってましたね。

楽器屋さんは楽器を丁寧に扱い、人と接する仕事は言葉づかいに気をつけるのがふつうに当たり前。

とにかく、ふつうのことを飽きもせずに毎日淡々と繰り返すだけなんです。特別に才能があるとかそういうことじゃなく。

どうですか?この至極面倒な作業。それが当たり前の練習法になる。

そうなった時は相当な実力者になっていることと思います。

 

今回の内容がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました