おしえて、耳コピってどうやるの?【ワンポイントレッスン】

コラム

先週末、ランチに誘われました。けどその日は、なんとなく交流の輪に入る気分じゃなくて誘いをことわった。

時々、世間とかかわらないで、よそよそしくし、垣根を作ることにしています。

 

で、大沼まで出かけました。遠くに見えるのは駒ヶ岳。

せっかくの誘いをことわった理由は、真っ青な空を見たかったから。自分の感情が優先です。

ここは水面なのですが、まだ氷が張っていた。雪があるから湖畔の散歩は春まで待とう。

「激さむの中、春を待つ」・・でした。人との垣根を作るからこその、気分がすっきりの日。

今日は文字を断捨離して、時短でお伝えします。

「耳コピについて・ワンポイントレッスン」

耳コピをしたいけど苦手な人。特に真面目にやっている方に言いたい。もっと気楽にやろうよ。

耳コピが出来ない問題について

 

◆ワンポイントレッスン

時々耳コピが出来ないんだけど、出来るようになるにはどうしたらいい?の質問がきます。

ジャズのアドリブやオリジナルを作るには、まずはコピーをしてフレーズをストックすることが一番です。(それが出来れば苦労はしない)

完コピはハードルがあまりにも高いし途中で挫折しやめてしまいます。こんなに好きな曲なのに、

音が取れない

何もわからない

完成も出来ない

作業が中断し、才能がないな、ガーーンと落ち込み、終わる。

だからおすすめはざっくり雰囲気コピーから。

私自身、あれこれと細かいことを言われるのが根本的にダメで、大好きな曲を聴こえたとおりに、感じたとおりに弾くだけ、というのが答えです。

 

いかにもやってる風の適当コピーでOK

さて、私はなにを弾いてるでしょうか?(知るかぁ)

今日は私の「好き」がどれほどまでにダイナミックなのか、を見てほしい。

いかにもやってる風で適当もいいとこです。これが私のざっくりコピーの第一歩目。

ではなにをやってるのかというと、曲を聴きながら適当弾きのなかで、テンポ感、キー、リズムのニュアンス、ハーモニーのボキャブラリー、転調はあるのかをつかんでいく作業をしています。

ひたすら好きで好きで大好きな曲を、誰にも遠慮せずに。これが最も遠いようで近いみち。

ここのコードは何で、スケールは何で。とそんなことを言っている場合ではない。

いきなりコピーではなく、なんとなく曲の雰囲気をつかみます。あとは好きなフレーズを1、2個もらって終わりです。

その1、2個は大切に。持ってるだけじゃダメです。

使い倒すのが圧倒的に正しい。

 

何を弾いてるのか?の答えですが

ハービーハンコック・All Apologies

渋カッコイイ。だから大好き、ハービーハンコック。

教科書を転々としないこと

まず音楽をやるには教科書を転々とするより、たくさん聴いてコンサートにもいっぱい行く。音楽のシャワーを浴びていれば大丈夫です。

そして尊敬してる音楽仲間や師匠の話をじっと聞くこと。

 

音楽の世界は答えがない。答えを知りたくてしょうがない人は、気持ちわるくて前に進めないかも。

実はやっている私たちはいつもこの状態なんです。

これでいいかな、良いってことにしよう。

別のアイディアが浮かんだらそこでまた入れ替えるというような。

 

結局はときめきの力だ

よくわからないけど、なんかこの音楽大好き。

すごく不透明だけどそこには必ず「ときめきの心」がありますよね。

ロジックよりも感情が最強です。いかなる正論であろうが、音楽はときめきがなければおもしろくない。と、過去の強烈な思いから学んだ。そして自分にとっての最高の音楽が徐々に見えてきました。

【自己紹介】音楽と共に歩んだ私の歴史
erika piano school 基礎ピアノ・即興・作編曲・ジャズ・ジャンル不問ピアノスクール〜元々すごく冴えなかったけどジャズを始めてからいろいろ変わった話など。よろしくお願いします。Twitterでも気軽に声かけてくださいね。

こんな適当なやり方がワンポイントレッスンになるか?というと自信がない・・

けど少しでも参考になると嬉しいです。今のところ「遠回りだけど、これが1番の近道」と実感しているから。

時短で伝えるという約束なので、そろそろ終わるけど、いい動画見つけたので紹介します。そして自信がないは撤回。

練習とは・・つまり聴くこと。「copy copy copy by ear」と、ハル ギャルパーが言ってます。

そのほか、フレーズを歌うことなど、すごく当たり前の事なんだけど、つい忘れがちなことをおしえてくれてるので、興味ある人は観てみるといいです。(日本語訳付き)

私はいつも言ってるけど、聴くことと歌うことがセット。ハルギャルパーも言ってた。よかった〜

ではまた次回お会いしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました