ピアノオンラインレッスンについて

コラム

連休が明けて一週間が経ちました。

心身ともに元気に過ごしていますか?

 

落ち込みやモヤモヤはさっさと解消したいですよね。

やる気スイッチは「一歩の行動」から。

 

やる気はどこからくるのか

今日のテーマはオンラインピアノレッスンについてなのですがその前に「やる気」のお話です。

連休だからこそたくさんピアノを弾いた人

ピアノの練習まで大型連休だった人(笑)

あまりにサボったために思うように指が動かない人

 

練習しなければならないのはわかっているけど、やる気が出ない人はたくさんいると思います。

みなさんすでにご存知かもしれませんが、やる気はだまっていても湧いてこないそうです。

 

とにかく「動く」

 

行動するからやる気になる。

考えてるだけではやる気が湧いてきません。

時々私はみんなにこう言います。

 

ピアノが置いてある部屋に行き

 

フタをあけ

椅子に座り

弾く!

 

そこには「やらなきゃ」などという感情は一切なしです。感情が混ざると本当に億劫になる。「めんどうくさいな」と思う前に座って弾く。

 

部活ならば目標をともにする同士、時にはレギュラーを取り合うライバルになり、時間になったら始まるし試合に勝つために仲間と一緒に頑張れる。

その点、ピアノ練習は毎日が自分との戦いと言っても大げさではありませんね。

 

子供には「練習しなさい!」というお母さんの号令が一番効きます。

大人の皆さんは、私も含めて一緒に気合を入れましょう!

とにかく「やる!」です。

 

ではさっそく本題。

オンラインレッスンに興味がある人はぜひみてください。

 

ピアノのオンラインレッスン

 

もう随分と前から音楽業界ではオンラインでのレッスンは存在していました。コロナで教室が休講でレッスン生が通えなくなりオンラインがメジャーになりましたね。

とは言ってもオンラインでピアノレッスンするのはちょっと・・・という生徒さんや講師がいることも現実。

 

私はオンラインレッスン賛成派で、理由はニーズがあるから。

そしてメリットとデメリットについてもお話しします。

こんな人がオンラインピアノレッスンを受けてます

オンラインレッスンではいろんな年齢層の人がいます。

  • 下の子が小さくて外出が大変
  • 近所に教室がない
  • サブでオンラインレッスンを受けている(月2など)
  • 10年ぶりにピアノを再開した
  • 子供が寝てからこっそり受講

目的は人それぞれ

私の生徒さんの例ですが、いろいろな目的でオンラインレッスンを受けています。

  • 発表会前の集中レッスン
  • 練習の仕方がわからないので、先生と一緒に練習して欲しい
  • 仕事が暇な時期に集中的にレッスンを受ける。
  • 海外住みで日本人の先生が見つからない
  • 部活で練習時間が取れないので夏休みや冬休み期間中だけ受ける。
  • ヤマハのグレードの伴奏付けや即興演奏、編曲演奏をおしえてほしいなど。
  • 作曲をしてみたい、軽音部に入ったのでコードをおしえてほしい。
  • 保護者さんからの相談事。(練習の仕方やグレードのこと。今までの相談内容では兄弟でレベルが違い下のお子さんが上の子を越してしまったということについての悩み)

 

兄弟3人いれば一番下のチビちゃんは本当にチビの頃からお兄ちゃんお姉ちゃんのピアノを聴き育っているので、その時点で経験者ですから。現に私も妹の方が上手でした・・

サブレッスンとしてオンラインを選んでいる人も多いです。メインの先生が教室で指導してくれていると思うので、私は補講としてのレッスンメニューを考えます。苦手なところや、克服したいところ、いつものレッスンでは取り上げていない曲など中心にレッスンを進めていきます。

尚、メインの先生に、(近所の教室など)私のオンラインレッスンを受けていることを言いにくい場合は秘密にしていてもいいのではないでしょうか。

自分以外の他の先生に習っていることをよく思わない講師がいるのも事実。

 

メインの先生を悪く言ったりしないので安心してください

メリットとデメリット

メリット

  • 時間が無駄にならない
  • 先生が演奏動画を送ってくれる(スクーや先生によりNGのところもあり)
  • 自分のペースで受講できる
  • 海外からでもレッスンを受けられる

 

デメリット

  • ネット環境により音に歪みが出ることがある。
  • 自分ペースになってしまう。

 

自分ペースはメリットでありデメリット。自分の空いた時間にできるのは便利で嬉しい反面、自分の「ラク」に合わせてると必ず怠けの精神が邪魔をしてくるでしょう。

月4回は受ける。月2回は受けると決める。なんとなく空いている日に受ける人は継続できません。時間と曜日の固定がベストです。

オンラインレッスンの様子

zoomまたはスカイプを使っています。顔用、手元用と2台の端末を使ってレッスンすることも可能です。

 

私からみた生徒さん

 

生徒さんのからみた様子

 

私は高さが自由に変えられるタブレットスタンドを使用。

 

ホワイトボードも使います。最近の生徒さんはiPadにメモ。時代ですね。

 

小学校低学年の子たちでも、パソコンやタブレットを自由に操る・・うらやましい限りです。私もようやく覚えました。

ピアノオンラインレッスンの注意点

小さなお子さんは、パソコン操作など必要になるので保護者が側にいることが条件です。と言っても生徒さんが小学校1、2年生だとお母さんは下の子の面倒を見ていることも多く、別のお部屋にいても構いません。

私の小さい生徒さんは、レッスンの終わりに課題確認のため、最後の2分間だけお母さんが隣にいるスタイルです。

 

教室より家の方がリラックスできるので、緊張感が薄れるかも知れません。スマホでは鍵盤が見えにくいので、パソコンかタブレットで受けるのが良いでしょう。

 

と、ピアノオンラインレッスンはこんな感じです。

年齢、目的、生活環境により様々です。昔のピアノ教室とはレッスンスタイルが変わり、楽しくピアノを弾いてもらうために指導法も研究しています。

全く弾けない人でも先生と二人のオンラインレッスンであれば、はじめの一歩は難しくなさそうですね。

質問も受付中です。

ヤマハグレードや即興演奏についての無料しつもんBOX
こんにちは。ピアノ講師のえりかです。 市販の楽譜を弾くだけでなく、オリジナルを作ったりバンドを組んだり、配信したいという人が増える中で、どうやって弾いてよいのかわからない人が急上昇中。 「出来るかも!」とかじったはいいけど、とて...
タイトルとURLをコピーしました