ピアノレッスンや本番で失敗してしまう人へ

コラム

 

ピアノレッスンや発表会の舞台で緊張してしまい、本番でうまく弾くことができない。

もっとうまく弾けてるはずなのに、レッスンや本番で必ずやらかしてしまうんだよなという人は多くいると思います。

緊張する理由はがんばってきた結果をその場で発揮しなければならないというプレッシャーです。

落ち着こうと思えば思うほど緊張がマックスになってしまったり。

うまく弾かなきゃの気持ちとは裏腹にかえってミスをしたり、今まで間違えたことがない部分でミスってしまうという悲劇が起こる。

私は、割と舞台経験はあるほうだと思いますがそれでも緊張は無縁ではありません。場数を踏んでも緊張はつきもの。

今回は緊張との付き合い方を考えてみました。私の経験も混えてお話ししたいと思います。

緊張してしまい、思うようにピアノを弾けない人にはこんなアドバイスをしています。

なぜ緊張するのか

よく言われていることですが、ほど良い緊張感があったほうがベストパフォーマンスが出来ます。それは集中力が上がるということから良い緊張とされています。

しかし、ミスしてはいけない。

と考えた途端、それは不安に変わり極度の緊張状態に陥ってしまいます。不安の気持ちがいい緊張を超えた時にバランスがくずれ、頭が真っ白になってしまったりするのです。

つまり、緊張は自分で作り出しているということになります。

緊張をコントロールするには

本番中に緊張をコントロールすることはむずかしい。

なので、日頃の練習でコントロールする方法を紹介します。本番に弱い人は参考にしてください。

最も私の場合、失敗ばかりです・・それをどう乗り越えたのかというのも含めてお話ししたいと思います。

はじめに私の今まで最も大きな学びをお話しすると、

やらかしてはダメなミスをしても2日後にはすっかり忘れて、次の本番に望むことが出来るようになった。

これが私にとって最も大きな学び。

つまり「その時に考えなければならないことに全集中できる」

以前おかしてしまった失敗を引きずらずに演奏できるようになったのです。

緊張してしまう理由にはいろいろあると思いますが、

大きな舞台なら、

人の多さ

ひそひそ声

注目されている感

いつもと違う響き

スポットライト

など。

ピアノレッスンの場合なら、

先生の不意打ち

出来ていなかった部分の指摘

先生と自分の実力の差にびっくり

というようにいつものルーティンとは別の刺激が起こります。それに対しての反応がうまくいかないことから、緊張状態になってしまいます。

自分にとって、最悪のシナリオは何か?

曲中の不安な部分はどこなのか?

どんなことによって、集中が妨げられるのか?

自分のウイークポイントを探し、どんな場面でも集中できる力を養うことが必要です。

 

私は、スポットライトが当たるのが緊張のスイッチ。なので本番前の練習では照明を変えて練習しています。

衣装があるなら衣装をつけて、雰囲気を本番に近づけたり、自分の演奏を録音したり、ダラダラ弾かないなど、プレッシャーをかけた練習をすることにしています。

考えない練習

本番直前、これを絶対にやっちゃダメです。

あそこの部分はこんなメロディーだったかな?と頭の中でなぞる・・

これは、卒業証書をもらう時「右?左?」と、どちらから足を出すんだ?と考えた瞬間歩き方がわからなくなるのと同じ行為です。

ふだん、無意識で弾いていることを無理やり思い出さないほうがいい。もう自動的に体が覚えていることだから、わざわざ振り返らなくても大丈夫です。

もしも不安なら、ふだんの練習で本番と同じ緊張状態を作り出して、がくふを頭の中でなぞってみるといいです。忘れてないから大丈夫と、自信を持つきっかけになると思います。

何が失敗だったのか自分で決めること

ピアノの先生のアドバイスは客観的に指摘してくれるのでとても重要です。けれど、自分軸も忘れずに。実に曖昧な人が多い。

自分軸がなければ、他人の音楽性や価値観に当てはめて自分を設定していくことになりませんか?

世の中の音楽は流行やトレンドに注目が集まります。ぜひ自分のメジャーを持ち、ピアノを弾いてください。これまでメジャーを持っていなかった人はこれから設定してみるといいです。

ピンチのたびに成長

実践しないといろいろなことがわからないし、また失敗しなければ、次の課題が見つかりません。また目標を達成したところで、終わりではなくまた新たな課題がやってきます。

失敗をおそれていたら、絶対に成長はありません。

修羅場は成長の機会

いろんな危機を消化してこそ成長です。

本番前に良い準備をすることで緊張を味方にする

練習時間の配分

基礎練習

応用練習

休憩の取り方

イメージトレーニング

本番前の練習

など

本番力を高めるために、日頃の練習メニューや時間配分を見直しましょう。

練習日記

私がやっている方法です。自分の弱点や長所をセルフモニタリングするとても良い方法です。

ツイッターやブログを通して、練習メニューを公開するというもの。あまり細かく決めると続かなくなるのでごく簡単な演奏動画日記です。

ルールを設定していて、その日思いついたものやひらめいたもの。ジャズ・ブルースを特に。半完成な演奏でOK。どの自分が生き生きしてるのか。弱いところ、強み。などを振り返って検証します。

終わりに〜振り返るとすべて楽しいチャレンジ

本番一週間前はすごく楽しみなのに、前日になると逃げたくなる気持ち。

それでも聴いてる人に楽しんでもらえるように、と思う気持ちは今でも全く変わりません。

本番後は、あぁ、今回も何も考えられずに終わった・・というあの頃に比べて、今度はもっと出来るかも。と未来思考が出来るようになったから成長したんだと思います。

皆さんもこれからいろんな修羅場を経験していくことで、大きくなっていくことでしょう。チャレンジするのが楽しくなるし、本番が楽しみになります。

 

本番でベストパフォーマンスが出来るのは、すべては日常でどんなことをしているかです。

そして今までのお話とは逆ですが、こんな考えもあると思います。

足るを知る

無理して変わらなくてもいい

折り合いをつける

うまくいかない時は前に進むことを一旦やめ、「今の自分に出来ること」に注目してみましょう。

緊張はつきものです。日頃の練習に本番前のイメージトレーニングをプラスし、ぜひ胸をはってベストパフォーマンスをしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました