ピアノ練習に「集中できる人とできない人の違い」

悩み相談室

皆さんは 練習のパフォーマンスを上げるために どのような工夫をしていますか?

そしてその工夫はうまくいっていますか ?

実は、 レッスンで こんな悩みを持っている人がすごく多い,

「 集中力がない」という悩み。

 

先生、集中力を上げるためには どんな工夫が必要ですか ?

意外かもしれませんが 「ピアノの上達法 」を教えて下さい。と 同じくらいに 聞かれることが多いです。

今日は私から見た 「集中力が ある人と、 ない人の違い 」のお話をしたいと思います。

自分の集中力を見直して、ピアノパフォーマンスを爆上げしたい人はぜひ読んでください。

 

集中しやすい環境を整えよう

基本だと思いますが一応お話ししておきます 。気が散りやすいゲーム、スマホ、漫画など はピアノの周りに置かない 。当たり前ですが乱雑な部屋にしないのが基本です。

あと、練習の前にはトイレに行っておく。飲み物を用意する。ラインやメールの通知をオフにする。

なぜここまでするのかというと、用を済ませるや否や、冷蔵庫の中を物色しそのままソファでゴロン(笑)

やってますよね。仕事が忙しい、勉強しなきゃ、練習時間がないという人に限ってこの20分のソファでゴロンをやってしまってます。

20分とて、無駄にできません。まずは環境を見直しましょう。

 

 

メンタルを整えよう

性格によって個人差がありますが イライラしてたり 気分が乗らない時には練習がはかどりません。

しかし気分が落ち込んでいるときこそ、練習すると忘れられるという人もいるでしょう。これは個人差がある内容だと思います。

 

練習はメンタル的なことがすごく絡んでるので、メンタルの管理も忘れずに。

情報をコントロールしよう

さて今日の本題です。

まずは皆さんに質問。

ピアノ練習について、

今、しなければいけない超重要課題は何ですか?

まずはこの情報を しっかりと把握しましょう。

 

集中できない人は 今やらなければならないポイントを把握していないことが多いです。

そしてあれもこれもと 手をつけてしまいがちです。

結局、大切なことと そうではないことの区別がつかなくなってしまうんです。

 

集中できない人は まずこのような事がないか見直してみましょう。

 

カクテルパーティーの影響

カクテルパーティーという言葉を聞いたことがありますか?

脳による 情報の選択のことですね。自分に必要な情報は騒がしい状況でも聞き取ることができる現象のことです。聴覚だけでなく視覚も同様です。

 

多くの物事を情報として認識すると、脳はその大量の情報を処理できなくなってしまいます。

あれもこれも タイプの人は 本当に大切なことを脳が選ぶことができず、 特定のことに関する 情報を得るのが 難しくなります。

 

手広くしている人ほど集中力がない

これは私の感想ですが 広く手をつけてる人ほど 集中力がないように思います。

 

多岐にわたり関心を持つことはとても良いことです。ですが このような 練習はあまり良くないです。

いつまでも練習のポイントが定まらず、結局は集中できなかったという意識 になっているようです。

 

練習する時は 一つか二つに的を絞り、やらなければならないことをはっきりさせましょう。

私は 一回のレッスンでアドバイスをするときは ポイントは2つから4つに絞っています。ちなみに子供は一つです。

 

さほど 多くは与えてはいません。さきほどのカクテルパーティーの現象を利用して、大切なことを意識できるような状態に持っていきます。

ちゃんと理由があって 要点を少なくしているんです。

 

そうすると勘のいい生徒さんはさらに自分で要点を深掘りし、練習をします。そしてあの曲にもこの曲にも覚えた知識や技術を利用し始めます。

その結果「反復練習の波に乗る」ことが出来る。

これが私のねらいです。

要点は、

  • 明確
  • 少なく

的を絞って練習すること

しかし情報過多だと、脳が要点を把握できません。結果、やっているつもりの浅い練習になってしまいます。

やってる本人が要点をわかっていないのだから、例えどんなに時間をかけて練習をしても、薄っぺらなものになってしまいます。

集中力がある人とない人の違いは結局、

【要点】を把握してるか。

要点というのは、今その人に必要な練習事項。それを短いレッスンの中で私たちは伝えています。もっと長い時間、気が散らずに集中して練習できたらなと、そんな望みを持ってる人も多いかと思いますが。

私は何より、どれだけ「大事なことを把握しているのか」

ということだと思うんです。

要点が少なければ、そこに的を絞ることができます。そうすると、脳もこの部分が大事なんだと処理します。

 

気がついたらなんとなくダラダラ練習していた・・という人は、情報過多により脳に重要事項をスルーさせていないか振り返ってみて下さい。

以上、私が思う「集中できる人とできない人の違い」でした。

最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました