ピアノ練習を先延ばしする人へのアドバイス

悩み相談室

みなさん、元気でお過ごしですか?

北海道の冬は他の土地より寒くても、地球のためにと我慢していましたが・・

冬は寒い、夏は本州と変わらない暑さだし、冬の我慢はいったいなんだったんだ?と思ったり。でもやっぱり冬より夏が好きです。

だからいつかは暖かい場所で暮らしたいと思うのです。

 

さて今回は世にも恐ろしい真夏にぴったりの話です。

「誰も教えてくれないとてもとても怖い話」

そういえば最近この手の番組見かけないな・・今日の話は作り物ではなく、本当にあった実話です。

 

練習を先延ばしするあなた

皆さん、練習ははかどっていますか?毎日の暑さで練習はサボり気味・・といっても太陽の下で練習するわけじゃないですよね。部屋の中は涼しいし快適だから(北海道はエアコン付いてない家がまだまだあるが)寒いより遥かにマシじゃないかな。寒いと手が動かないし。

学生は夏休みに入ったようだし、「後回しは禁物」ですよ。

「練習?面倒くさいもNG」

もちろん「あとでやっから、うっせーわ〜」もです。

 

私はうっせ〜!!と思われてもいいので毎回言ってるけど、

とにかく視界にピアノが映り込んだら練習!ピアノに洗濯物を置いているおうちはいますぐどけてください。それでうちの子練習しないんです・・まずは洗濯物を所定にしまいましょう。

あと、ピアノの椅子がない。譜面立てがない・・備品はきちんと揃えましょう。陸上の練習にシューズが必要。ダンスも同じでダンス用のシューズを用意します。

ピアノを弾くときに椅子がないって???

外を歩くときに裸足で歩くんですか?

ピアニストからするとそんな感覚です。

 

 

 

人は体を動かすから行動できる。部屋をぐるぐる歩いてピアノが目に入ったら練習開始。

「そういえばピアノ練習しなきゃな〜今日の練習はあれとこれと・・」と頭で思っているだけでは絶対に行動できません。

 

忙しいを言い訳にするあなた

 

ふだんの私は、夕方から夜にかけてレッスンなので平日18時頃に車を運転することはないのですが、たまたまレッスンがなくなり車で出かけると。

目に入ってきたのは、会社の制服のまま帰途をいそぐ女性や、スーツを着た男性。部活が終わった学生。これから家に帰り雑用をしたり、家庭がある人は家族と過ごし、子供がいる人は保育園に子供を迎えにいくし、学生は勉強をする。

そのあと、すきま時間に読書をしたり、ジョギングしたり、ジムに行ったり、子供の世話をしたりそしてピアノ練習も。

それぞれが少ない空き時間の中で時間を捻出し、趣味や勉強に時間を当ててるんだなと。

時々思うのが忙しいはずなのに、いつピアノの練習をしてるんだろう。そんな人がいます。きっとどこかの時間を使って練習してるはずです。

ついつい先延ばしをしてしまう人、あれこれ考えるよりもピアノにまず向かってください。そして余計なことを考えずに弾いてください。

 

何をやってもダメなあなたはこれをする

 

「日常の動き」という動線上にピアノを弾くという行動を入れる。

ご飯を食べたら一回弾く。

寝る前に一回弾く。

朝の3分間練習をする。

なんでもいいんですよ。

これが習慣化できたら弾かないと気持ちが悪い。

 

毎日練習できる人は決して優秀な人ではないし、才能ある人でもなく練習を習慣化できた人なんです。

忙しいからと後回しにしては、習慣化できないんですよ。せめて今日できなかったら明日は2倍やる、と心に決めて必ず実行する。

後回しが得意な人は言い訳も得意なようです。そう、あなたがもしそうならズバリダメダメ人間です。(ピシッ)救ってくれる人はもはやいません。

そういう人が力を伸ばせると思いますか?人並みに弾けるようになると思いますか?ないですよね。

ぜひ自分なりのやる気スイッチを見つけてくださいね。私はいつも言っていることがあって。それは練習時間を決めて否が応でも、

ピアノの蓋をあける、または電源を入れる。そして弾く。そこに面倒だとか、疲れたなどの感情は一切合切なし。

「無のままピアノに向かい、そして弾くだけ」

とにかく感情よりも行動なんです。

 

考えるより行動する人

私はよくフットワークが軽いと言われます。その理由は思考よりも行動が早いこと。なのでプランがない分、失敗も多いです。突然のハプニングにも出くわします。

 

かといって行き当たりばったりで行動しているのとも少し違って、強いて言うと完成形のイメージから逆算して行動する感じでしょうか。

普段からあれこれと完成をイメージすることが多いです。

例えば、

1年以内にDTM関連のレッスンを取り入れる。となったらヒップポップ、ネオソウル、EDM、チルアウトなどおしゃれ系音楽を日常的に聴いて弾きまくる。

これもすでに取り組んでいて自分なりの感触をつかんでいます。あとは生徒さんに説明するときの言葉選びがまだ不足だから言い回しを勉強しなきゃと、逆算して足りない部分を補っていく。

 

失敗の回数が多いということは、自然にプランB、プランCを編み出さねばならない状況にもなるので、アイディアを練る機会も多くなります。

失敗も経験とはよく言うけれど、どうしたら次は上手くいくのか?と考える本当に良い機会。

失敗したからってショックを受けてる場合じゃないですよ。大抵はここで自分ダメじゃん、とみんなあきらめるんです。

 

この言葉は全然カッコ悪いからね

ここでよく言ってしまうひとことを紹介します。あなたも言っていないか要注意。

第三位「自分が輝けるのはこれじゃない」

第二位「忙しくて時間が取れない」

 

 

そして堂々第一位!

「自分には向いていなかった」

 

あなたの周りにもいませんか?いるでしょう?

自分に向いていないといってピアノから去った人は決まって、

「えりかはいいな、才能があって」と言ってきます。

 

いやいや、あなたがゾーンに入る手前の手前の手前でダウンしただけじゃないですか。

それを「向いていない、輝く場所はここではない」と言いつつ、他をやっても「あれ???」思うくらい輝けていない。

皆さんは絶対にこういうタイプになってはダメですよ。格好悪いじゃないですか。いうだけ言ってこうなって。

今回の本題、「世にも恐ろしい怖い話」は

それ格好悪いですよ、なんて誰も教えてくれないということ。

教えてくれないかわりにこんな現象が・・・うちら、友達だよねって同類の人が集まってきます。不思議と類は友を呼ぶんですね。それでいいんですか?

 

 

本当に才能ある人は1%です。あとは私のようにへこたれなかったか、諦めが悪かったかのどちらか。

そして絶対に自分は出来るとか、変な期待をせずに(そういう人に限って秒で折れる・・)

とにかく淡々とやること。音楽の道は長い、苦しい、最後にご褒美、楽しいです。

 

自分を強制再起動!

 

まとめると、緻密な計画は意味ないです。それだけで疲れてしまうし、計画の途中で面倒になるかも。それと変な期待をしない。「え?もしかして自分て天才かも?」などと思わないこと。

「これってすぐに出来るかも?」や「簡単かも?」も同じくです。出来ると思ったものが激ムズだったりすると簡単にあきらめてしまう。なので期待は禁物。

人って先のことを知りたい生き物です。自分に期待をするとワクワクしますよね。今、しっかりやっていればワクワクした未来になるでしょう。しかしワクワクしてるだけじゃ当然何事も起こりません。

この話を聞いてそれ当たり前の話でしょ?と笑ってしまうかもしれません。でも、勘違いする人がすごく多いんですよ。

特に成人した楽器レスナーさん。

子供は学校、ピアノ(習い事)、宿題、寝る時間。ルーティンのほとんどが強制されています。しかし大人は、仕事以外は食べたいだけ食べる、寝たいだけ寝る、が許され、何でも自由に決めることが出来ます。

今ここで子供を見習い、ルールに従って行動してみませんか?

練習がうまくいかないと嘆いている人は、強制的に練習時間を作ってみてください。中にはピアノ練習法がわからなのでレッスンで一緒に練習して欲しいと予約を取る人もいます。これも一種の強制です。

2ヶ月間、週3ペースにてレッスン内で私と一緒に強制練習。もちろんメキメキ上達して目標の曲が弾けるようになりました。今は普通に月3〜4ペースに戻りましたが、練習ペースがわかったようです。

 

基礎練習をしっかりやって、好きな音楽を聴いて、すきま時間を見つけてはピアノに向かう。これが当たり前に出来る人になってください。

猛練習なんかしなくてもいいです。できれば、音楽系のメンターや憧れのピアニスト、アーティストがいると楽しいですね。

 

「今出来ること、やらなければいけないこと」を毎日淡々とやりましょう。ただそれだけなんです。スキルやHow To を知る前に「やる」です。

さて、さっそくピアノに向かって弾いてください。決して時計見ちゃダメですよ。

今回の話で練習スイッチが入ってくれると嬉しいです!

あさい えりか

ヤマハ講師を経てerika piano school開講
オフラインとオンラインレッスン指導

ピアノ基礎・ジャズ・ポピュラー
編曲・作曲・ヤマハグレード(演奏、指導)
洋邦、ジャズ
ワールドワイドな音楽性。

ピアノ発表会開催
出演〜ライブ・ジャズフェス・TOY BOX(バンド)

あさい えりかをフォローする
悩み相談室
ジャズフロムノース〜erika piano school
タイトルとURLをコピーしました