ジャズアドリブ「練習記録」

アドリブ

今回は気まぐれ、私の練習記録。

毎回、落胆と新発見。何度弾いても、ああ・・と思うこともあるし、自然とサラサラ心のままに動くこともある。それはきっと好きなメロディーやハーモニーという非常にわかりやすい私の体です。

「蝶々と、ぴえんの餃子??」⬇️

(声のブログ)

『「ジャズ練習記録」〜子供達のクリエイティビティがヒント』
今日はえりかです23日前に私の町の施設にちょっと用があって行ったんですけれどもそしたらなんかすごく周りからいい匂いがしてよく見たらお料理教室をやってました何を…

 

スタンダードが弾けるまで

思い浮かんだことは、心で考えないでとにかく動く。

「練習しなきゃ」「練習するぞ」「明日は絶対にやる」

そんな言葉は信用できない。

考えてしまうと、心で思っているだけでやらなくなってしまうから。すぐに動こう。

ジャズは本当に、日本人には遠くてかけ離れた音楽。だからたくさん弾いてみる。

毎回、違うフレーズやハーモニーになるのがたのしい。

子供達が作る蝶々やぴえんの餃子。いつでもジャズを面白い発想で練習したいものです。

まずは一つをマスターする

「意識の流れが途中で止まらない」がインプロビゼーションする時の理想。

途中で、リズム、フレーズ、コードを考え込んでしまっては、自分の行きたい方向に行くことができない。

あまり範囲を広げず、一点集中。狭く扱うと、深いところまで到達できるのはそのため。

練習メニュー

私の場合、特別なことは何もなくベーシック。

スケール練習

2−5−1

コード練習

アドリブ練習

マイナスワンに合わせるなど。当たり前のコースです。

I’ll close my eyesアドリブ練習を録音・練習記録

ここのところ、セッションに参加できていないから、もう2ヶ月くらいこの曲は弾いていません。一体どうなる?もちろん予想してたとおり、全くダメ。

過去に何度も弾いたことがあるのに、しばらく弾いていないと、これです。

戻れ戻れ〜

ちゃんと弾いていた頃に。

頭と体は本当に正直で、弾いていないとすぐに忘れます。

さあ、もう一度、軸を作る。

必要以上感情込めない、いらない音を弾かない、テーマを大事に。

以上、リハビリ開始。まずはメロから、アドリブ、ブロック奏の練習。一発目はお見せできないくらいひどいので、これは2回目の録音です。

 

反省・・いらない音を弾いている。悪いクセです。

Don’t over play!

(I’ll close my eyesは黒本1に載ってます)

コードだけで練習

I’ll close my eyesのテーマなし、コードのみでスロー練習。いい感じでハーモニーを奏でたいから、意識をそこに向ける。

テンポが速いと、頭を早く回転させなければいけなくなるから、スローテンポで。

BPM130でしかなかった世界をアップデート。いつもと違う響きが聞こえてくる。

大体の人が完成に近づくにつれテンポを速くするというのが常識?だけど徐々に スローしていくのもgoodです。

今まで適当に組み合わせていたハーモニーや、隙間に入れていたオブリガートが重要だと考えるきっかけになるから。

 

少しづつ足し算される

アドリブが波紋のように足し算されていく。それまでは、基本練習の積み重ね。

「ここ」という到着の目安はない。

でも嫌にならなくても大丈夫です。それは大人の遊びの時間ということで。

よく使いそうなコード進行は、取り出して何度も練習してみる。今回はアルペジオで覚えるまで繰り返し。

Am7ーA♭7ーGm7ーC7(アルペジオ中心、あやふやな箇所あり)

 

覚えていたようで覚えていないところがたくさんで困ったな。ちゃちゃっと見過ごすのをやめて、ゆっくりテンポで当たり前のアルベジオでしっかり弾く。

右手練習から始まり、コード練習して、さらにアルペジオ。基本は世界一の練習法。素晴らしいです。

神経質になる必要なし

追求していく事と、神経質は少し違うかな。

一つのことを深く学ぶ。それはほとんど自己管理です。あんなに覚えていたのに、すぐに弾けなくなるから、自分の音楽に、反応していくこと。客観的に見たり聴いたりすること。

 

ジャズは本当に計画通りに行かない音楽です。きっちり準備をしても設計図なんて大体でしかないです。

 

あ、音を外した?

外した音は、マッコイタイナーのフォースコード風。

平行4度のでメロディーをつくったらビルエバンスになったり。

ちょっと不協なノイズ・・セロニアスモンクかな。(彼の音楽はそれが研ぎ澄ましの証拠、私はそのノイズで満たされる)いろんなイメージがポンポン浮かんできます。

本を見ると、ボイシング、インターバル、横文字が並んで勉強モードに入り、カリカリ、ゴツゴツで本気の学び方が書いてある。

私の今までの音楽人生の中で、強烈に感性が磨かれたのは小学校の中学年くらい。ディミニッシュの音や16ビートの刻み、小学生なら耐えられない超スローテンポのG線上のアリアなんかも、頭よりも先に体でピンとくるような肌感覚がその頃作られた。

今でもその肌感覚は有効で最優先です。先に耳が反応したら、もう弾いているというのが私のスタイル。

それは何かの理論には当てはまっている。

デビットフォスターやハービーハンコックがかっこいいと思って何度も聞いて感覚的に真似をしていました。

細かい譜面が理解できないから、感覚に頼る日々。全く辛くなかったです。

言うなら「Joy」

それが、私の源です。

 

それでも、小学生の頃だったと思うけど、ピンクの楽典で勉強しました。(させられました笑)超基本的なことが書いていて、これから音楽を勉強したいなと思う人は、いいかもしれません。子供も大人もOK。

最もわかりやすい楽典入門 応用問題・解答付 【改訂版】 (楽譜) | 坪野 春枝 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで坪野 春枝の最もわかりやすい楽典入門 応用問題・解答付 【改訂版】 (楽譜)。アマゾンならポイント還元本が多数。坪野 春枝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また最もわかりやすい楽典入門 応用問題・解答付 【改訂版】 (楽譜)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

もう少し大人になってからは黄色の楽典。一応勉強。

楽典―理論と実習 | 石桁 真礼生, 末吉 保雄, 丸田 昭三, 飯田 隆, 金光 威和雄, 飯沼 信義 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで石桁 真礼生, 末吉 保雄, 丸田 昭三, 飯田 隆, 金光 威和雄, 飯沼 信義の楽典―理論と実習。アマゾンならポイント還元本が多数。石桁 真礼生, 末吉 保雄, 丸田 昭三, 飯田 隆, 金光 威和雄, 飯沼 信義作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また楽典―理論と実習もアマゾン配送商品なら...

 

この先も勉強的なことはまだまだ続くけど、自分のやり方としては、体で試してから本を開くというのがほどんど。何かの問題を解決するための本ではなくて、さらに好きそうなフレーズやハーモニーが見つかるきっかけ。

だから神経質になって本を読む必要はないと思います。それでも、頭の構造や、音楽を始めた年齢、環境によって人それぞれ。

自分がしっくりとくるやり方で弾いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました