世界一のピアノ練習方法とは?

悩み相談室

なにごとも、自分で考える。

ピアノを習っている人は必須です。

 

レッスンで先生が言ってくれたことをそのまま受け入れ、言われたとおりに弾く。

確かに大事なことだけど、やりすぎるとイエスマンになり、言われたことしか出来なるなので注意してくださいね。

YouTubeで詳しく解説してたり、ハウツー本もたくさん出ている中で、最適な方法を見つけて練習するのが良いことと思いますか?

私はそう思いません。

 

実は一番良い方法なんてないからです。

自分で探して自分で紐解いていくしかないのです。

体験を積み重ねる。

 

そして「試行錯誤をすること」です。

 

多くの人が避けている事は?

 

ピアノを始めた年齢、

音楽に対する思い、

練習時間、

好きな作曲家、

 

それぞれが違う環境でピアノに取り組む中、

「数が多いものや、表立っているもの」がなんとなくいいじゃないかと思ってしまうかもしれません。練習の仕方が分からなくて、その中から自分のやり方を見つけることができたら、それはそれで良いことですが。

その人から出る音、テンポ、表情、揺らぎ、まとめて曲想って言うんだけど、いろいろなことを感じ、積み重なったものがその人自身の音楽になるんじゃないかな。

レベルがどうこうの問題じゃなくて。

 

子供をみてると、手に取るようにわかる。

完成されていない体で、感じたままに弾いてみる。

子供たちはいろんな情報は持っていません。

音もあんまり読めない。

拍も数えられない。

それでも私が出す音や言葉から、曲想をイメージしながら弾いています。

子供なりに色々試行錯誤してるんです。

 

だから最適な練習はもうこれしかない。

試行錯誤。

自分で考える。

自分で感じる。

一生懸命やっている人なら、この言葉が痛いほど理解が出来ると思います。

「そう、そう、結局はそれしかないんだよね」と。

 

音楽仲間や、同業者と話していると、必ずここにたどり着きます。

 

ただ、習いたての人やピアノ歴2〜3年の人は自分で考えるのは難しいかも。なのでレッスンの時に疑問に思っていることを先生に質問してみるといいですよ。

(疑問があるならいい。全くないのは問題かも)

 

いまさら恥ずかしくて聞けない

例えば、

なぜ椅子の高さが大切なのか?

なぜ発表会に出るのか?

練習時間はどのくらいがベストか?

ベートーベンソナタを弾けるのはいったいいつなのか?

 

こちらは、いちいちこんなこと聞いてきてうるさいな〜なんて思わないから安心して下さい。

反対に何も感じてないほうがこちらも辛いものです。

 

先生にはとにかく質問してみてください。素人がこんなことを聞いたら恥ずかしいかな・・と気負いせずに。

知らないのがふつうですので。

それに聞いてくれると、こちらも勉強になるんです。自分は簡単にできていることが、相手にしてみるとまるで高い部分。

あ、そうかともっと噛み砕いて言う必要があるなとか、このくらいのレベルの人にはこの教材は難しすぎたなとか。

こちらもうんと勉強しなくては、と振り返る材料になります。

 

疑問がわいたら質問しよう

 

ピアノを練習してる時に疑問ってわきませんか?

 

私個人的には、ムダな時間は上達するのに必要だと思うんです。ダラダラと音楽を聞いてみたり、ただ楽譜を眺めてたり。

でもレッスンでは無駄な時間を過ごすわけにはいきません。

今やっていること=意味があることです。

それでも生徒さんは、ふと「なぜハノンをやるんだろう」などと考えたりもします。

同じようなのばかりだし無意味なんじゃないのかな?とか。

今やっていることが、どんなことに繋がっていくのか。

気になるようなら先生に聞いてみるといいかもしれません。

 

試行錯誤する人

 

色々質問して、答えをもらう。

次に忘れてはいけないことはやはり「試行錯誤」です。

 

先生からアドバイスをもらい、早速やってみてまた「あれ?うまくいかない」と壁にぶつかります。

日頃、練習をしている人ならわかると思います。

何度もぶつかる「壁」

 

さて、超えられそうで超えられない壁を、皆さんはどうクリアしますか?

先生がこう言ってるから、言われた通りにやってみたけど思うようにいかない。

例えば、指がうまく回らない時・・

 

先生が華麗な運指で弾いて見せてくれても、自分はどうしてもうまく弾くことができません。

 

実は指が回らない原因はいくつかあって、

力が入りすぎ。

柔軟性がない。

音を覚えていないなど。

 

特に力が入りすぎているために、思うように回らないことが多々あります。押してダメなら引いてみる」とはよく言ったもので、力を抜いて弾くと不思議と弾けることだってあります。

「力を抜いて、入れて」と私たちは簡単に言えるしアドバイスもできます。しかし、「こんな感じかな?」と実際に加減し、感じることが出来るのはご自身です。

 

だからその体感を大切にしてくださいね。体感を積み重ねると、ある時大きな壁があらわれます。そして再び「さじ加減をしてみる」・・・

「あれ?あの時はうまくいったのに今度はダメだ」とまたつまづき、悲しいかな前進させてくれません。

そしてまた試行錯誤が始まります。

 

それは、ご自身が成長してきたということ。変化したということです。

そう理解してください。

 

失速しないために

 

これまで私が言ったことはふつうで当たり前のこと。

案外この当たり前が、大変という事実。

 

試行錯誤をしてる人は、自分で色々迷いながらやってるんだろうなと。出てくる言葉やピアノに向き合う姿勢でわかります。そしてこの人、絶対伸びていくだろうなと思うし。

だからこの先も頑張れると思います。

反対に、情報に飛びついたわりにすぐに方向転換する人がいますが、予想通り失速してしまいます。

 

やっぱり、時間をかけて努力をすれば、成果が出るんですよ。自信もつくし。

これが出来たらほんとに一丁前ですね。

 

 

一方、趣味なんだし上達しなくてもいいから音楽を楽しみたい。こういう人も結構多い。

これでもいいと思います。楽しんでると自然と腕が上がっていくこともありますから。(本当ですよ)

 

ということで一緒に頑張っていきましょう。

なにはともあれ、壁が見えたらそれは成長してる証拠です!

 

 

タイトルとURLをコピーしました