初心者こそ耳コピ

ジャズ

 

耳コピ初心者の基本ルール

ジャズやブルースのアドリブを弾くにはコピーしてフレーズを覚えるといい。いざやってみると聞き取れなくて手に負えません。

Erika
Erika

今回は、初心者が耳コピする時の【基本ルール】をお話しします。

実は耳コピする時、とても大切なことがあります。

それは「重要な音だけを取ること」

コピーをするとき、全ての音を取ろうとしている人がとても多いです。ジャズ上級の人ならまだしも初級の人にとって、ハードルが高すぎる作業ですね。

 

Erika
Erika

重要な音が何かわからない人は何度も聴いて大切な音を見立てること。完璧を求めると疲れてしまうので、6割でOKなど決めるといいです。

4〜5回聴いても聞き取れないのがふつう。とにかくたくさん聴くこと。

スマホに録音して何度も聴き取る。

フレーズ集を参考にしたいのをぐっとこらえて、自分の耳を信じましょう。たくさん音楽をたくさん聴いていると、コード進行やフレーズのパターンが見えてきます。

1小節のコピーで十分

Erika
Erika

ピンときた1小節だけをコピーして、ブルースの進行にのせてみましょう。

今回はジュニアマンスの曲!

今回はジュニアマンスの【ブルーマンス】の一部分をコピーしてみました。超重要な音を厳選したので参考にして下さい。

Erika
Erika

コピーしたのはほんの一部分だけ。(26秒から50秒くらいまで)

Erika
Erika

早速、定番ブルースコードに合わせて弾いてみました。楽譜も載せましたが、本来自由に弾くものなので参考まで。思うまま弾いてみましょう。

◆ 参考楽譜

左手はベタ弾きで大丈夫です。余裕のある人はブルースの定番ベースラインを弾いてみてください。

 

この曲はKey=G, コード進行は以下の通りです。

【調性とコード進行】

◆ Key=G

◆ コード進行

G7-G7-G7-G7

C7-C7-G7-G7

D7-C7-G7-G7

 

とても簡単なフレーズだけどかっこいい!

 

Erika
Erika

こんな単純な感じでもめちゃくちゃ楽しく弾けました。やっぱりブルースは楽しい。音楽をしてるという感じがとても幸せなのです。

難しいことをやればいいってもんじゃないのがジャズやブルース。技術がすごいなと感激するようなことはあまりありません。それよりかブルージーな雰囲気を醸し出す演奏。思わず歌いたくなる演奏。そんなプレイが魅力的です。

 

Erika
Erika

メトロノームを2・4拍の裏打ちに合わせて弾くとブルージーです。上級者でも難しい「リズム」ですがトライしてみてくださいね。

 

いくつでも見つかる!お気に入りのフレーズ

音楽をたくさん聴いていると、ピンとくるフレーズが自然に耳に入ってくるようになります。

Erika
Erika

ここでもうひとつ、かっこよくて使えるフレーズを見つけました。

ジーンハリスのファンキーな曲!

Erika
Erika

こちらもブルージーでファンキー!

★ギターのイントロが終わって28秒からのピアノをアバウトにコピー。

ギタ

 【 調性とコード進行】

◆ Key=F

◆ コード進行

F7ーF7ーF7ーF7

B♭7ーB♭7ーF7D7

G7B♭7(C7)ーF7ーF7

D7-G7の進行はよく出てくるので要チェック。

Erika
Erika

B♭7F7の進行は、知らなかったので勉強になりました。

一般的にはC7を使うよ。さっそく参考音源を聴いてね。

 

◆ 参考音源(アバウトにコピー)

ワンフレーズのみ。ブルースのコード進行にのせて、リズムは16ビートでかっこよく。テンポはゆっくりで70くらいです。

 

 

◆ 参考楽譜

 

 

メトロノームは裏拍でがんばろう!キーボードや電子ピアノのリズムでもOK

16ビートの場合、右手はハネ気味で弾くとグルービー。ハネる、ハネないなどは自分で弾いてみて感触をつかむこと。

 

Erika
Erika

楽譜はあくまで参考程度。左手のバッキングが難しければ伸ばしたままでOKです。とにかく聴こえた音をそのまま弾いてみてください。

テンポは自分が気持ち良い速さで

 

敷居が高いコピーのイメージは変わりましたか?全部聴き取ろうとすると100%挫折です。結局は耳コピなんてめんどうだという話になります。そして市販されている楽譜で弾くことになります。それでは、アドリブは弾けるようになりません。

 

レッスンで、コピーをしなさいと散々言われていると思いますが、ワンフレーズだけなら出来そうですね。

聴き取っても忘れてしまう人は、上記のように採譜してみるといいです。もちろんこちらも完全ではなく、自分だけがわかる書き方で良いと思います。

1小節だけ取ってみよう!

 

耳コピの手順

気に入ったフレーズがあったのでさっそくコピーしてみると、経験したことのないキーで萎えてしまったという例があります。出来れば弾いたことのあるキーの曲を選びましょう。

  1. 選曲
  2. フレーズ選び
  3. スマホに録音
  4. 聴きとり
  5. 採譜
  6. 練習

★ブルースはコード進行が決まっているので、右手のフレーズが取れたら定番コードに乗せるだけでOK。初心者はコピーしやすいですね。

Erika
Erika

ほぼ全員、最初はうまく聴き取ることが出来ません。

気にせず短いフレーズから始めてみよう

音が取れなくても何度も聴くことです。手間をかけることが上達への道。弾けるようになったら、違うキーで弾いてみたり、音域を変えて弾いたりして楽しんでください。

耳コピは市販の楽譜からはなれる第一歩。フレーズ集は自分で作ること。

クラシックピアノは譜面を弾くのが当たり前ですが、これからジャズを始める人はリード譜を使いましょう。

 

同じパターンで弾く

アドリブの時、同じフレーズを何度も弾くことに罪悪感がある人がいるようですが、むしろ安心して聴けるフレーズです。もちろんソロは自由に弾くのですが、初心者さんはルールにはめて、パターン化して練習するのが良いでしょう。
Erika
Erika

ピンときた部分や大好きな部分から、4小節ほどの短いフレーズを取ってみましょう。今回のブルーマンスから取ったフレーズはたったの1小節です。

しかも絶対忘れないフレーズ。

 

大好きなピアニストの、これだと思うフレーズを見つけてワンフレーズコピーしてみましょう。そして、呼吸をするようにそのフレーズが自然に弾けるようになるまで練習して下さい。
Erika
Erika

ある時、自然にフレーズが出てくるのはこのような練習をしてるからこそ。

 

左手のコードはコピーしなくてOK

右手が取れたら、今度は左手を聴き取り、次にベース。このやり方はよほど根気がない限り、心が折れてしまいます。まずはピンときた右手部分、しかも1〜2小節ほどをコピーしてください。ブルースのコード進行は決まっているので、左手の音は取らなくて大丈夫です。

次に、ブルースの最もシンプルなコードパターンを紹介します。

 

ブルースコード進行

■ Key=C  最もシンプルなコードパターン 

C-F-C-C

F-F-C-C

G-F-C-C

 

 

耳コピしたワンフレーズを生かす

■このシンプルパターン(Key=C)に先程のブルーマンスの右手フレーズを入れてみました。ト長調をハ長調に移調。

Erika
Erika

先程のワンフレーズが生きてきますね。耳コピしたワンフレーズは、調を変えて弾くと練習になります。

決してコピーして弾いたら終わりではありません。初心者で知識がないからとフレーズ集に頼っていては、譜読みの力はつきますが、かっこいい音を探したり、ピックアップして再現する力がつきません。慣れないうちからフレーズ集を使うと、取って付け加えた、しかもそこだけかっこいい変なフレーズが出来上がります。(私が経験済み)

耳コピは、後のアドリブを作る力にもなります。「このフレーズをどこに入れようかな」と自分で考える作業が始まります。このようにして自分のアドリブができるのです。

ぜひ、シンプルなフレーズを探し、たくさんストックして生きたフレーズを作りましょう。

 

生み出す力

「アドリブ」は即興で生み出す力ですが、何もないところからは生まれません。その土台となっているのがコード進行ですが、何度もコードをループして遊んでみましょう。

そこにどんな右手を乗せようかな?あ〜思い浮かばない・・それならコードだけ、メロディーだけ、ベースパターンだけ弾いてもOKです。コードだけで十分ブルースは楽しいし、雰囲気で遊んでみましょう。

ごっこ遊びして、

フレーズをつぎはぎ。

少しずつステップアップ!

 

音遊びが即興力になる

Erika
Erika

私の場合、小さい頃からの適当弾きが今になって生きています

理論的なことを言われても、先にメロディーやコードが思い浮かぶので頭で考えることができません。「頭が悪い人だな」と思われていると思います(笑)

Erika
Erika

根っからの音楽体質、勉強タイプではない・・私にしかわからない持論を持っていることは確かです(笑)

音を組み合わせて和音を作ったり、人と合わせてハモったり。キレイな音、かっこいい音、寂しげな音を自分で見つけることが即興演奏の第一歩。

音楽をやる人でも、理論をうまく使う人、縛られてしまう人。両タイプがいます。そして私のように理論などやらなくても人並みにできる人。ただし論破されます。

みなさんはどちらのタイプ?

いずれにしても雰囲気良く弾きたいブルースです。

最後に、今までコピーに手が出せなかった人は、ワンフレーズコピーをやってみて下さい。そしてそのワンフレーズは呼吸をと同じくらいに、自然に弾けるまで練習してみて下さい。

Erika
Erika

あれもこれもと手を出す人よりも、同じフレーズを何度も弾く人の方が、成長しているようです。

これからもジャズ初心者が心から楽しめるような練習法を発信していくので遊びに来てください!

 

 

最後までありがとうございました。

気になっていること、質問などは気軽にメッセージしてくださいね。

お問い合わせ
Erika 質問、感想など受付中です。気軽にメッセージしてください。

 

 

音楽制作をしてます。よかったら聴いてみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました