初心者こそ耳コピ

ジャズ

 

耳コピ初心者の基本ルール

ジャズやブルースのアドリブを弾くにはコピーしてフレーズを覚えるといい。いざやってみると聞き取れなくて手に負えません。初心者が耳コピする時の【基本ルール】をお話しします。

重要な音はどれだ?

コピーをするとき、全ての音を取ろうとしている人がとても多いです。ジャズ上級の人ならまだしも初級の人にとって、ハードルが高すぎる作業。

重要な音が何かわからない人は何度も聴いて大切な音を見立てること。完璧を求めると疲れてしまうので、6割でOKなど決めるといいです。4、5回聞いてわからないのがふつう。

とにかく自分の耳を信じる。

音楽をたくさん聴いていると、コード進行やフレーズのパターンが見えてきます。

1小節のコピーで十分

今回はジュニアマンスの【ブルーマンス】一部分をコピーしてみました。超重要な音を厳選したので参考にして下さい。コピーしたのはほんの一部分だけ。(26秒から50秒くらいまで)

Erika
Erika

早速、定番ブルースコードに合わせて弾いてみました。楽譜も載せましたが、本来自由に弾くものなので参考まで。思うまま弾いてみましょう。

◆ 参考楽譜

左手はベタ弾きで大丈夫です。余裕のある人はブルースの定番ベースラインを弾いてみてください。

 

この曲はKey=G, コード進行は以下の通りです。

【調性とコード進行】

◆ Key=G

◆ コード進行

G7-G7-G7-G7

C7-C7-G7-G7

D7-C7-G7-G7

シンプルなフレーズがかっこいい。めちゃくちゃ楽しく弾けました。

使われている音、つながり、メロディと低音がシンクロしているのは、体験することでしかわからないのです。

ブルースの不思議はなぜか聞いている人を、歌って踊りたくなる空間を作るから魅力的。

いくつも見つかるお気に入りのフレーズ

音楽をたくさん聴いていると、ピンとくるメロディーが自然と耳に入ってきますここでもうひとつ、かっこよくて使えるフレーズを見つけました。ジーンハリスのファンキーな曲。

★ギターのイントロが終わって28秒からのピアノをアバウトにコピー。

ギタ

 【 調性とコード進行】

◆ Key=F

◆ コード進行

F7ーF7ーF7ーF7

B♭7ーB♭7ーF7D7

G7B♭7(C7)ーF7ーF7

D7-G7の進行はよく出てくるので要チェック。

Erika
Erika

B♭7F7の進行は、知らなかったので勉強になりました

 

◆ 参考音源(アバウトにコピー)

ワンフレーズのみ。ブルースのコード進行にのせて、リズムは16ビートでかっこよく。テンポはゆっくりで70くらいです。

 

 

 

楽譜はあくまで参考程度。左手のバッキングが難しければ伸ばしたままでOKです。とにかく聴こえた音をそのまま弾いてみてください。テンポは自分が気持ち良い速さで。

 

ワンフレーズだけなら出来そう。

聴き取っても忘れてしまう人は、上記のように採譜してみるといいです。もちろんこちらも完全ではなく、自分だけがわかる書き方で良いと思います。

1小節だけ取ってみよう!

 

耳コピの手順

気に入ったフレーズがあったのでさっそくコピーしてみると、経験したことのないキーで萎えてしまったという例があります。出来れば弾いたことのあるキーの曲を選びましょう。

  1. 選曲
  2. フレーズ選び
  3. スマホに録音
  4. 聴きとり
  5. 採譜
  6. 練習

★ブルースはコード進行が決まっているので、右手のフレーズが取れたら定番コードに乗せるだけでOK。

Erika
Erika

ほぼ全員、最初はうまく聴き取ることが出来ません。

気にせず短いフレーズから始めてみよう

音が取れなくても何度も聴くことです。手間をかけることが上達への道。弾けるようになったら、違うキーで弾いてみたり、音域を変えて弾いたりして楽しんでください。市販の楽譜から離れる第一歩。

これからジャズを始める人はメロディーとコードのリード譜で練習。アドリブはまずは1、2小節コピー、もちろんワンコーラスを形にしないと気持ちが悪い人はトライしてみて。ひと手間は必ず力に。

 

同じフレーズを何度も弾く?

同じようなフレーズに罪悪感。私自身もそれが悩みの種、よくわかります。でも、聞いているほうではむしろ安心感。

Erika
Erika

ピンときた部分や大好きな部分から、4小節ほどの短いフレーズを取ってみましょう。今回のブルーマンスから取ったフレーズはたったの1小節です。

しかも絶対忘れないフレーズ。

 

大好きなピアニストの、これだと思うフレーズを見つけてワンフレーズコピーしてみましょう。そして、呼吸をするようにそのフレーズが自然に弾けるようになるまで練習して下さい。
Erika
Erika

ある時、自然にフレーズが出てくるのはこのような練習をしてるからこそ。

 

左手のコードはコピーしなくてOK

右手が取れたら、今度は左手を聴き取り、次にベース。このやり方はよほど根気がない限り、心が折れてしまいます。まずはピンときた右手部分、しかも1〜2小節ほどをコピーしてください。ブルースのコード進行は決まっているので、左手の音は取らなくて大丈夫です。

次に、ブルースの最もシンプルなコードパターンを紹介します。

 

ブルースコード進行

■ Key=C  最もシンプルなコードパターン 

C-F-C-C

F-F-C-C

G-F-C-C

 

 

耳コピしたワンフレーズを生かす

■このシンプルパターン(Key=C)に先程のブルーマンスの右手フレーズを入れてみました。ト長調をハ長調に移調。

Erika
Erika

先程のワンフレーズが生きてきますね。耳コピしたワンフレーズは、調を変えて弾くと練習になります。

決してコピーして弾いたら終わりではありません。初心者で知識がないからとフレーズ集に頼っていては、譜読みの力はつきますが、かっこいい音を探したり、ピックアップして再現する力がつきません。慣れないうちからフレーズ集を使うと、取って付け加えた、しかもそこだけかっこいい変なフレーズが出来上がります。

耳コピは、後のアドリブを作る力にもなります。「このフレーズをどこに入れようかな」と自分で考える作業が始まります。このようにして自分のアドリブができるのです。

ぜひ、シンプルなフレーズを探し、たくさんストックして生きたフレーズを作りましょう。

 

生み出す力

「アドリブ」は即興で生み出す力ですが、何もないところからは生まれません。その土台となっているのがコード進行ですが、何度もコードをループして遊んでみましょう。

そこにどんな右手を乗せようかな?

思い浮かばない・・

それならコードだけ、メロディーだけ、ベースパターンだけ弾いてもOKです。コードだけで十分ブルースは楽しいし、雰囲気で遊んでみましょう。フレーズをつぎはぎして。

毎日音遊び

暗譜の話。

自分は楽譜を見ながら小節を追いかけるのが苦手。セーニョやコーダを見つけるのも時間がかかる。つまり読譜がうまくありません。だから、体で覚えてしまう方がラク。

暗譜するときは、適当に弾いて流れを覚えたら、細かい音を意識していく感じ。もちろん譜面を確認するけど、体にしっかり馴染んでるから、暗譜は苦じゃないです。

 

コピーの話。

早く、この曲が弾きたい。自分の好きなフレーズをコピーしたいと思う。体が反応したら、それがブルースの心。とても心に残るハーモニーやメロディーならじっとしていられない。

何度もそこだけに耳を傾け、音をとってみようと思う。それが自然。

そんなときは、コード進行やスケールなんて全く理解する必要がない。

 

大好きなお店は何度も行く。それと同じで、大好きな曲は何度も聞く。そのうち覚えて、体が勝手に弾いてくれる。形式的で機能的なお勉強はそこからでも十分間に合う。

雰囲気良く弾きたいブルース。今までコピーに手が出せなかった人は、ワンフレーズコピーをやってみて下さい。そしてそのワンフレーズは呼吸をと同じくらいに、自然に弾けるまで練習してみて下さい。

 

お問い合わせ

 

 

タイトルとURLをコピーしました